2014 北海道Journal

Onuma Park

9月24日 函館二日目。

大沼国定公園に行ってみよう、という話になり朝ばたばたと函館駅にむかう。
大沼は特急で20分くらいで着いてしまうのだが、これをのがすと
各駅停車で40分以上かかる。特急は1本のがすと1時間以上こないのだ。

函館の朝市をつっきって、函館駅からスーパー北斗で大沼公園駅まで。
駅を降りるとレンタサイクル屋があったので、母の発案で
チャリで大沼を一周することに。
「誰も盗まないので鍵はついてません」というのに笑ってしまった。
ママチャリで14kmは不安だったが、サドルを一番上まであげて漕いだら行けそうだった。

大沼の外周に沿って道路が整備されていて、ビューポイントには駐輪場があるのがわかりやすい。
秋の北海道、暑くもなく寒くもなく、風が本当に気持ちよかった。
駒ケ岳の山頂も見ることができた。

IMG_7302

一番早く紅葉するのはツタウルシという植物だそうだ。美しい。

IMG_7313

沼に続く木道。

IMG_7305

2/3くらい走ったところだろうか、駒ケ岳神社という鳥居が見えたので寄ってみる。
大正時代に、駒ケ岳の噴火でとんできたという(ここまで!)噴火石をご神体として安全祈願でつくられた神社だそうだ。

IMG_7323

巨大な噴火石の裏側にまわると岩の亀裂を抜けられるようになっていてちょっと怖かった。

IMG_7322

14kmのサイクリングを終えて、名物のお団子を食べ
「昭和寺」というお寺を参拝。大きな栗の木の下に栗がたくさん落ちていて、母は
「採集生活のDNAが目覚める!」「食べられるものが落ちてるって素敵!」「拾っても拾っても増える!」と言いながら一所懸命栗を拾ってた。
どうするつもりなんだろうか。

IMG_7331

記者の時間まで後1時間、というところで、公園内に入ってみると、ちょうどいい時間のクルーズがあった。解説のおにいさんの軽妙なトークを聞きつつ30分くらいの周遊。その後、午のスーパー北斗に乗って函館に戻る。