Journal

Design Bussan 2014

ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで「DESIGN BUSSAN 2014」を観る。
新旧のデザインを比較して「新しく生まれ変わった物産のお手本」を示すものだが
なかには前のほうが良かったのでは、というものもあって難しい。
あとはパッケージだけ変えてもだめだよねっていう話もあると思うのだ。
雷おこしとか、南部せんべいとか、やっぱり今の若い人が好きな味ではなくて
「当時のお菓子」なのだ。「名物にうまいものなし」とか言われちゃうのだ。
そういうものは、どんなにパッケージが可愛くてもリピートはしないだろう。

「物産」として生き残れる椅子はわずかしかないのだと思うと
伝統を守るのもなまなかなものではないなと。

その後、元同僚の会社の引っ越し祝いへ。
久しぶりにゆっくりお話できて楽しかった。
焼きハマグリも美味しかったです。ごちそうさまでした。