Journal現代美術

Yokohama Triennale 2014

横浜トリエンナーレ2014へ。

前回、1泊してゆっくりまわったらとても楽しかったので今回も横浜に。
月曜だからか意外と安くロイヤルパークホテルを予約できたので
まずは桜木町で降りてチェックイン。
ロイヤルパークホテルの昭和感の残るちょっと田舎っぽい内装と堅実なサービスがなんか落ち着く。
55階からの眺めもよかった。

IMG_0756

ロイヤルパークは横浜美術館と隣接しているので非常に便利だ。
芸術監督の森村泰昌氏が素晴らしかった。「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」というテーマを見た時はどうかなあ、大丈夫かなあと思ったが、一貫した忘却というテーマと森村氏自身が考えぬいたと思われる展示方法が素晴らしかった。音声ガイドを聴きながら見ることをおすすめしたい。個人的には第六話の『おそるべき子供たちの独り芝居』が好きだった。

IMG_0772

その後は桜木町の駅を越えて反対側、野毛のあたりをうろうろして吉田町のANTENNA AMERICAさんとBAY BREWING YOKOHAMAさんをはしご。アンテナ・アメリカではOLD RASPUTINのTシャツを買った。

その後、ホテルのレストランで鉄板焼きへ。なかなか自腹では食べないがやっぱり美味しかった。
時間が早かったので、そこからふらふらと外へ出て、馬車道のTAPROOMさんで締めのビール。死ぬほど満腹になりつつ、帰りはINGRESSをやりつつ海沿いを歩いて初日は終了。

夜景も綺麗。

IMG_0837