2014 東北Journal

Hiraizumi-Ichinoseki

8月16日

お盆休みを利用して、アートワークをお手伝いしているオオフジツボのツアーを追いかけることに。
まずは上野から東北新幹線「やまびこ」で一関まで。そこから東北線に乗り換えて平泉まで行く。
なんだかんだで、オオフジツボの東北ツアーは4回め。私も去年は欠席したが3回めの参加となる。

13時から中尊寺の本堂で奉納ライブが行われた。
長い山道を登って本堂へ。雨が降ったり止んだりと落ち着かない陽気である。
山々の緑は雨に濡れて美しい。まだ紫陽花が咲いていた。

Chuzonji Temple

Chuzonji Temple

本堂はすごくリベラルなかんじで、みんな靴を脱いで畳にあがって
金色のご本尊をばしばし写真撮影している。
すぐ隣りの部屋では絵画展も開催されていた。

Chuzonji Temple

本番もつつながなく終了し、中尊寺のWeb CMに採用された「なのはな
平泉を舞台にした「平泉セット」や、飛翔感のある「空駆ける者」などを堪能。

oofujitsubo Live in Chusonji Temple
アコーディオン、ギター、そして木魚・・・(立派)

その後、今回車に便乗させていただくSさんIさんと合流し
一関の「世嬉の一酒造」さんのカフェへ。

Sekinoichi

Sekinoichi

洋風のファサードの石づくりの建物で、中庭も素敵。醸造所のほかレストランも併設している。
蔵を改造したようなカフェでビールやソーセージなどいただき、随分ゆっくりした。
昔は映画館だったこともあるという大きな建物はお土産屋さんになっていて
クラフトビールを数本購入。

Sekinoichi

夜にはまた平泉に戻り、老舗のお菓子屋さん「吉野屋」さんでライブ。
こちらは大旦那さんも若旦那さんも音楽が好きだそうで
お店の中にはアップライトのピアノも置いてある。
家族で森から木を切って磨いて組み立てたという建物は音がよく響いて素敵だった。

oofujitsubo Live in Yoshinoya

この日は一関の蔵ホテルに宿泊。
併設のバーのバーテンダーさんがとっても可愛くて
わたしたちの複雑なオーダーを必死にこなそうとしていて(でも間違ってたりして)和んだ。きゅん。