Journal植物

Gardenia jasminoides

DSC02419

夜に、谷中のヒマラヤ杉のところまで散歩した。
昼間は谷中を代表するノスタルジックな風景として知られるヒマラヤ杉とミカドパンだが
夜のあのあたりは、今の東京ではないような異界の雰囲気がある。
とくに、夜の空よりも暗い巨大なヒマラヤ杉のシルエット。

そこに隣接するお寺さんの生垣には梔子が満開である。
むせ返るような、という表現がぴったりの甘い香りが
あたり一帯に充満している。

まるでぽっかりと100年前くらいにタイムスリップしてしまったような
ぽつねんとした気分になった。