未分類

bon weekend along the palace

sakura 2012

I氏とフランシス・ベーコン展へゆく。

今年は桜の開花が早く、五條天神の緋寒桜も満開だし
上野公園の正面も桜も繚乱というかんじであった。

まずはアメ横のドネルケバブ屋で腹ごしらえ。
トルコのイズミールから来たというバイトの兄ちゃんと話しつつ盛りの良いケバブを完食し
広小路で割引券を購入し、広小路を南下して竹橋の近代美術館へ向かう。

ベーコンについてはとりわけ好きでも嫌いでもなかったのだが
肉体ばかりが強調されるなか、後期作品の背景色の使い方が
モダンでとても好きだった。
ベージュと黒、水色とオレンジ、朱色とベージュ、モーブ、スモーキーピンク。
インテリア関係の仕事をしていたことがあるというから
その影響かもしれない。
初めて本人の映像を観たが、もっと神経質そうな痩せた男を想像していたのだが
きらきらした目のチャーミングなおっさんであった。(見た目は)

谷口吉郎の建築も素晴らしい近代美術館であるが、3階のちいさな「建築を思う部屋」も好きだ。

その後、常設展や工芸館を見る。
工芸館は旧近衛師団司令庁舎というわりにはこぢんまりとしてどこか女性的な風情が好きだ。

IMG_7782

stairways

two

3 chairs and 3 windows

北の丸公園を抜ける。
皇居界隈はあまり来ることがなかったのだが、公園は人も少なくてのんびりしている。
まだ新緑というには早すぎるので、緑がでそろったことにまた来てみよう。