Journal映画

Charlie and the Chocolate Factory

ティム・バートン監督 邦題『チャーリーとチョコレート工場』

Nightmare before the Christmasと、Sleepy Hollowが好き!というのなら
バートン監督作品は体系的に観なければならぬ、と思い立って
Big Fish、Sweeny Todd、Alice in Wonderlandと立て続けに観て
ラストがこれである。
本当は上映中のDark Shadowをラストにしたいのだが。

ウンパルンパの人々は全員せんだみつおに見えてくるし、
ジョニー・デップの演技は不気味すぎるし、
またしても子供も大人もおきざりにする演出が光り輝いていた。

バートンの映画は面白いとか、面白くないとか、もうそういう次元ではないBQ感なので
どれもどこかしらで置いていかれたかんじがあるものの、やっぱり「全部好き!」と
言えるな、と思った。