Journal映画

Gran Torino

今週は忙しくて、なかなか映画を観る気になれなかった。
しかもスウィーニー・トッドでわけわからなくなった後に残していたのが
よりによってクリント・イーストウッド監督主演の『グラン・トリノ』。重い。
疲れて家に帰ってイーストウッドの苦味走った顔はなー…と思って
放置していたのだが、意を決して鑑賞。

最後は劇的すぎる気もしたけど、すごくエンターテインメントな作品(任侠系)だったし
じじいになってもイーストウッドはかっこよかったし
アメリカの田舎ってやっぱり怖いとこだ絶対に住みたくないと思ったし
生と死と、人種の問題、移民の問題、銃の問題、戦争のトラウマ、高齢者の孤独などなど
思うところいろいろある映画でした。

日本だったら主役は高倉健だな。