Journal映画

Big Fish

ティム・バートン監督 『ビッグフィッシュ』

父親の作り話をたどる息子の話。

私は、夢の続きが見られる体質(体質というのだろうか、どうも
夢の続きを見られない人もいるらしい)なのだが、
この作品はまさにそんなかんじだ。
眠って、荒唐無稽な夢を見て、すこし醒めて、また微睡むと
ふたたび夢の続きが始まる。そんな幻想的な映画だった。

バートンのあまりに美しくて、そして不気味な舞台美術と映像は健在で嬉しい。
それよりもなによりも、主人公が迷い込んだ不思議な町に住む詩人役のブシェーミが
画面に映ってるだけでなんだか笑えてくる。
主演はユアン・マクレガーですが。