Journal映画

L’Annulaire

フランス変態映画強化月間そのに
邦題 『薬指の標本』

原作は小川洋子の「薬指の標本」である。
弟子丸さんがイメージよりも老けてたが、白衣マジックで素敵に見える。

原作にかなり味付けしてあって、活字が麻雀牌になっていたりするが
雰囲気はとても良かった。

ところで、オルガ・キュリレンコといい、『エコール』のマリオン・コティヤールといい、
アンジェリーナ・ジョリー系の眉毛濃くて唇のやたら厚い女性が出てくるのは
2000年代初頭のフランス映画の流行でしょうか。