未分類

I/O

ここのところ仕事がたてこんでしまってアウトプットするばかりで、本も映画もない生活が随分続いてしまったのでちょっとインプットが必要だと思っている。

疲れていると自分で情報を選びながらみるwebすら面倒で、
同僚から借りたアメトーーク!をひたすら見ていた。
小説もそうだけど面白いとわかっているのを見る安心感ていいよなあ。
24とか観たらドハマリするんだろな…
麻薬みたいなものだと思っているのでまだ手を出していないのだが。

日曜は谷中の全生庵で円朝まつりがあったので、I氏と浴衣で参戦。
年々人が増えてくるのは定点観察していてはっきりとわかることなのだが、
さすがにもう飽和状態で、ここでお祭りをやるのも最後かもしれないとのこと。
奉納落語会も7倍の倍率だったそうだ。
運良く見ることができたのだが、今年もマニアックなセレクションで
(といってもわからないのだけど)面白かった。
今回は志ん生の名前を継いだ噺家の方々が高座に上がられていた。
歯切れのいい江戸弁はいいねえ。

「昔の名前で出ています」 志ん生がつけていた芸名
安兵衛狐 (隅田川馬石)
狸賽 (柳家甚語楼)
たがや (古今亭志ん馬)
死神 (金原亭馬生)

今回ご縁があってご一緒したタバスコ亭さんにも、落語のいろはを教えていただいてより面白く聴けた。「たがや」は自分で自由にネタを入れられる部分があるそうで、
いろんな人ので聴いてみたい。

夜は浴衣のまま新宿へ。
ドイツビールのお店で一杯飲んでからお世話になっているおふたりの入籍祝いで
イカセンターへ。
今回は人数も多くてお造りも煮物もたいへんにゴージャスであった。
前回は時化でイカが入らないという衝撃のイカセンターだったのだが、
今回は大きいのを二杯も!お刺身でいただきました。マーベラス。

Ika Center

浴衣の姉妹からはかわいい残暑見舞いをいただいた。
まいさんはひまわりすきだよー。