未分類

jp foods

家に帰ってもPCに向かう気がしなくて、ここ数週間は夜は料理をする。
今まで作ったこともない和食をいくつか作ってみた。
ぶり大根とか、ひじきの煮物とか、肉じゃがとか、さば味噌とか。

で、ものすごく当たり前のことなのだが
和食って「だし」「醤油」「塩」「砂糖」「味醂」「酒」くらいしか使わない。
香辛料とか香草をほとんど使わないので
味にバリエーションがないんだよなあ。
だから日本人って一般家庭でイタリアンから中華まで作るようになったんじゃないかしら。

・・・と、今更ながら思ったのであった。

旧来からの食文化を続けていれば健康になれるというような話もあるけど
実際は油分が少なすぎて流行病などには弱いんだそうだ。
塩分も強いしな。