未分類

couscous


日暮里にいつの間にかチュニジア料理屋が出来ていた。
1Fがパチンコ屋の雑居ビルの中にあって
エレベーターを降りると正面がプールバーなので一瞬ひるむが
店内は広く、落ち着いたインテリア。
予約が入ればベリーダンスのダンサーも呼ぶらしい。
シェフのカイスさんは気の良いお兄ちゃんで(私のいっこ上)
チュニジアは首都・チュニスの出身だそうだ。
料理はふたりで5500円のコースで
・アミュゼ(野菜のペースト数種)と
・前菜盛り合わせ(キッシュとミートボール)
・メイン(チキンの丸焼き)
・野菜のクスクス
・デザート(クレマ、というヘーゼルナッツとカスタードクリームのプリンみたいなの)
・ミントティー(か、アラビアンカフェ)が付く。
味付けもさっぱりめで日本人でも食べやすい。
もともと、油をあまり使わない調理法なのと、オリーブオイルの質がいいからだろう。
アラブ、地中海文化、フランスと、いろいろな影響を受けているので
料理も洗練されているとのこと。
チュニジアに行った、と話したら大喜びで
帰りにはお土産に無花果のスピリッツ(BOUKHA L’OASIS)をいただいてしまった。
エスニック料理の店では、
・現地のことをひたすら褒める
・現地語で挨拶をしてみる
・料理のことを詳しく聞く(材料は?とか、香辛料は?とか)
そうすると、たいがいお店の人は嬉しそうに
いろいろ面白い話をしてくれる、というのが私の定説だ。
(和食でもそうかもしれないけど)
「南地中海料理&チュニジアン ダイニング COUSCOUS (クスクス)」
03-3806-6993
日暮里駅から徒歩2分
http://www.couscous-tokyo.com/