未分類

magnolia


先週のことになるが、谷中の天王寺の泰山木が綺麗に咲いていた。
顔の大きさくらいあるダイナミックな花で
花弁はぼってりと厚く、香りがよい。
泰山木は、わたしが生まれた年に、母方の祖父母の家の庭に植られたそうで
よく、「この木と同い年だ」と言われていたような気がする。
祖父母の引っ越しにともなって、あっさり伐られてしまったが
海のよく見える庭の左手、離れの手前、切り通しのすぐ下に
ひょろひょろと大きく育っていた。
今でも自分の中では「わたしの花」ということになっている。
(おおぶりで、容姿に繊細さがないとこなんかは似ている気もする。)
いつか庭のあるところに住むことになったら
泰山木を植えたいものだなあ。