Journal

Henri


日曜は、ひさびさに恩師の家へ。
もうすっかり大きくなってしまった娘さんと
一昨年から飼い始めたという猫のアンリさんと遊んだ。
アンリさんはすっかり犬化しており、ボール投げを好まれる。
しばしボール投げをして遊んだあと、
人間たちがおしゃべりに夢中になっていると
ボールを咥えて持ってきて、背中をトントンとたたく。
それでも気づかないと
「にゃー・・・」
と一声、なく。
そのトントンというかんじが、ほんとに遠慮がちで
人が肩をそっとたたくような力加減なので笑ってしまった。
小石川は播磨坂の桜並木はまだまだ2分咲きというかんじであったが
すっかりお祭のようになっていて、
イタリア人の貿易商が、道ばたでワインを売っていたので
先生におごってもらって、みんなで道で飲んだ。
先生は骨董屋で、中国の家具に一目惚れしたらしく
ねえ、これどうおもう?と聞いてくるので
「いいんじゃないすか」とぞんざいに応えたら
「じゃあこれください」つって唐突に箪笥を買っていた。
箪笥って、そんなイキオイで買うもんかね。
70%OFFは、たしかにお買い得だと思うけれど。