未分類

disappointment


軽い失望の連続。
気が急くばかりで、うじうじと悩んでばかりで
それでも腹の底から絞り出して声を発したつもりだったが
何も動かせない。
こちらから言わないから、すっかり忘れていると思われているのだろう。
思うことがあっても、面倒で口に出したくないのだろう。
わたしは忘れたふりをして、いい加減に諦めたほうがよいのだろう。
それでも、期待は捨てられない。
あとひと月。
時間と、アスピリンばかりが減っていく。