Journal読書

until death do us part


ウィンクする猫。
・森博嗣 『そして二人だけになった』(新潮社) 読了。
ゐさんにお借りしたまま1年以上(いや、もっとかも!)発酵させてしまったが
手元のミステリが底を尽きてとうとう読み始めた。
あいかわらずこの人の描く女性は出たとこ勝負だとか
せっかくの詩的なオブジェが~とか
つっこみどころは満載なものの、最後まで予想を裏切る展開で
面白く読んだ。そうだよなあ、ミステリに求めるのは
こういう最後までぐいぐいひっぱっていくイキオイだよなあ。
なんて。
最近、わたしの周囲だけで流行っている「抒情トリック」だわ、まさに。