Journal

hospital life 2

朝 かなり進行しているとのこと。
眼球の中の地図を書く作業をした。
眼球上の傷の位置などは「11時の方向」というように
方角みたいな言い方をするのが面白かった。
ひたすらI氏が差し入れてくれた幸村誠の「プラテネス」(講談社)を読む。
全部が全部いい話なので、息抜きがないんだが
かなり面白かった。まさに名作というかんじで
ずっと売れ続けるんじゃないかな。