未分類

paper driver’s music

週末、伊豆に行った。




いつもの熱海の宿はすでに先約が入っていて取れなかったので
伊豆高原のオーベルジュを予約する。
行きはものすごい渋滞で難儀したが
宿の部屋は(何故か)アジアン風味で素敵だったし
夕食も東南アジア料理がメインで美味しかった。
渋滞のせいでチェックインが夕食ギリギリになり
深夜に露天風呂に入ったんだが、やはり暗い風呂は良い。
(最近、自分の中で「暗い風呂」が大流行している。)
翌日は伊豆半島を時計回りにぐるっとドライブ。
御用邸のある須崎のあたりが良かった。
海が本当に青くて、透明度も高い。夏は混むのだろうが
こんな季節は浜辺に下りる人もあまりいない。
水仙が海辺の丘陵地帯に咲き乱れていて、良い香りがした。
下田の港にある魚料理屋さんで定食を食べて堂ヶ島へ。
「らんの里 堂ヶ島」という施設が、かなりやばかった。
コンクリうちっぱなしの温室が海に面した山の斜面に7棟点在し、
内側も外側も、植物に飲み込まれている。
途中、精神を病んだ鸚鵡に出会ったり、白衣を着て黙々と
蘭を培養するおばさんがいたり、かなりのワンダーランド。
ここを舞台に、密室の温室で次々と人が殺される本格推理を
(もう百万遍も読んだようなやつ)島田荘司あたりに書いて欲しい。
京極夏彦も篠田真由美も、温室が舞台のは書いてるので、あとは綾辻行人か。
有栖川有栖には、ちょっと舞台が重過ぎる気がする。
と、自分の運転があまりに下手なので凹む。
とりあえず2~3時間は運転交代できるレベルまで練習…
したい…

paper driver’s music” への2件のフィードバック

  1. あの~、精神を病んだ鸚鵡が
    すごく気になってしまったんですけど…、
    どんな感じだったんですか?

  2. >蜜柑さま
    mixiのほうでも物議をかもしてしまいました
    「精神を病んだ鸚鵡」ですが、ケージに入れられて
    とにかく人間が近寄るとウロウロと落ち着かなく
    エサを食べるでもなく、ひたすら散らかして
    かなりストレスを感じてるようでした。カワイソス。
    せっかくだから温室の中で放し飼いしてもいいくらいだとは
    思うんですが、あの嘴の鋭さは
    こどもくらい殺せそうなのでやはり危険か・・・

コメントは受け付けていません。