Journal

impressions

しばらくトルコものが続くので、たまには雑記。


■ time
時差ボケだかなんだか、寝つきも寝起きも悪い。
■ cello
チェロ弾いてきた。
ピアノとギターとフルート以外触ったことがないので
最初はまともに音が出ないものかと思ってたが
ひきゃあ音が出るものなのね。
YAMAHAのサイレントチェロなので、本物とは全然別物なんでしょうが
それでもあの音は落ち着きますな。
先生はかなりロック魂な人であった…(椎名●檎の音源に参加w)
■ 頭突き猫
近所の小学校のとこで「頭突き猫」に遭遇。
マタタビあげたら、さらに激しく頭突いてきた。
しばし遊んでお別れ。
かわいいなあ。
■ 最近の音楽
・波多野睦美 『Silent Noon』
クラシックってほとんど聴かないんだが、落ち着いたメゾソプラノで
イギリスの古歌をうたう。
・タブラトゥーラ 『Tablatura Collection』
リュート奏者の、つのだだかし氏
(つのだ☆ひろ氏とつのだじろう氏兄弟の次男だそうで…)主催のバンド。
なんか昔聴いたことがあるような、ないような。
波多野睦美も参加している。
とある調べものをしているときに偶然試聴して
2枚ともiTunesStoreで購入。便利な時代になったもんだ。
■ 最近の本
宮部みゆき 『誰か someone』(文春文庫) 読了
するすると読めて面白かったんだけど
珍しく、後味がなんとも微妙な一冊であった。
次は筒井康隆 『パプリカ』か、夢枕獏 『シナン』かな。
■ 最近の映像
旧知のお姉さんから年賀状にて
「沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』を見るべし」
とあったので、早速レンタルしてみた。
競演は藤竜也と若山富三郎で、演出は久世光彦だそうで…
なんとも濃そう。
今から見る!

impressions” への7件のフィードバック

  1. 頭突き猫、魅力的ですね~。
    どんな猫なのか、ものすごく気になります。

  2. >蜜柑さま
    人懐っこくて、頭突きをかましてくるんですよ!
    白地に黒ぶちで、けっこう美人だけど
    すごいデブで、尻尾はうさぎなみに短い!
    あんまりマタタビで酔っ払わなかったとこみると
    メスかもしれないなー。
    今度みかけたら激写しときます!

  3.  こんばんわ!うーん、美しい色合いですね!バックの紫がかばんと大変響きあっている!
    色合いだけでなく素材もスチールのバックが、かばんのざっくりファブリックのやさしさをさらに引き立てている感じ。
     うーん。見ている自分も少し優しくなったような感じ(一瞬のみ)でした。都市のハイソなブティックやきれいなショウケースより、こちらの展示のほうがほしくなってしまう??
     長身なまいちゃんとチェロってドンピシャなイメージがします。サイレントって、電子楽器?楽器のことはよく分からないが、ギターに対して、ベースみたいな太い音でもするのかな?
     
     楽器といえば、、、先日、楽器屋さんでピアノの鍵盤を押してみたところ、うちの電子ピアノと大違い!実際にピアノ線をハンマーが叩いている感触がダイレクトに伝わりリニアな感じにちょっと感動しました。これなら頑張って勉強したいとおもっちゃうね。最近『猫踏んじゃった』を覚えました。あんたいくつだいって?

  4. >ツッチー
    いつも感想ありがとう!励みになります。
    トルコって、とんでもない色を壁に塗ったりするんだけど
    (黄色とか青とかピンクとか)それがちょっと時間を経て
    町の中にふわっと調和するから不思議です。
    もうなんでも可愛くみえちゃうんだよね~。
    サイレントチェロ、フォルムは超近未来!なかんじでかっこいいです!
    くわしくはこちら~
    でもやっぱり本物とは全然ちがうんでしょうね~。
    生のピアノは「打楽器だ!」ってかんじしますよね!

  5.  浜松に楽器博物館があります。打楽器、弦楽器、民族楽器などいろいろあって、ピアノも現在の形になるまでの変遷が見れて楽しかったですよお!興味があったらWEBでもみてみて!

  6. >ツッチー
    そうだよねー。YAMAHAのお膝元だもんね!
    このあいだ出張で浜松に行ったんだけど
    某バイクの展示会だけ見て帰ってきちゃったわ。
    楽器のフォルムも無駄がなくて好き。
    昔のは工芸品みたいな細工のもあるし、まさに芸術品だよね!

コメントは受け付けていません。