未分類

minuit


ひさしぶりに残業して深夜になって、
仕事が終わった段階で帰ろうと思えば帰れたのだけど、
同僚とぼやいていたら終電を逃してしまい、
まあいいや知り合いの店でご飯でも食べて
朝まで飲んでようと思ってたらアテがはずれて、
職場近辺にご飯も食べられて朝までいられる店を開拓しようと心に誓い、
とはいえ家に帰っても何もないし、お腹が空きすぎてフラフラするし、
やむなく会社の下のコンビニで晩御飯のようなものを漁り、
唐突にジャンクなものが食べたくなって日清カップヌードルを買ってタクシーに乗り、
乗ったタクシーは個人だったのだけどひとことも喋らない運転手で、
ラジオもついてなくて、チョコレエトを食べるのにも躊躇するような静けさで、
でも運賃は最安記録を更新してくれたのでまあいいかと思い、
家に帰ってカップヌードルを作ったものの予想通りあまり美味しくなくて
しょんぼりした。

minuit” への7件のフィードバック

  1. 同じジャンクフードでもそこで選んだのが
    「○ヤング ソースやきそば」だったなら
    ジャン=ピエール・ジュネかセドリック・クラピッシュくらいは
    ほのぼのした結末になったかも知れませんね。
    タクシーの運ちゃん(特に深夜は)
    「も少し静かに運転してくんないかなぁ」
    くらいで調度いいんでしょうねきっと。

コメントは受け付けていません。