未分類

impressions


いつも公園の同じベンチのところにいる白猫。
あたしたちは「神様」と呼んでいる。
神様も、この暑さには閉口していることだろうと思う。
■ dream maker
週明け、クライアントとの定例会に遅れまいと思いつつ寝たら
「高校時代の夏の制服を、前の職場の倉庫で、今の上司と探している夢」
を見た。
なんでか夏の制服を着ないことには客先に行けない
と思い込んでいるのだった。
上司が「部長にOKもらった制服、このへんにしまったんだけど…」と
言ってた。どんな制服でOKもらってんだよ、と覚醒してからツッコミ入れた。
ちなみにこっちは分析不可能。
■ impressions
お察しの通り、タイトルが思いつかないときは「impressions」という
タイトルをつけるようにしているんだが
そもそもこれって可算名詞なんだろうか。
■ ambivalence
「DISCAS」と、「ぽすれん」で黒沢の映画をコンプしてしまった。(新作以外だけど)
キャンペーン期間中に無料で計16枚(!)借りたことになるから、
まったくイヤな客だと思う。
というか、こんな調子で商売が成り立つんだろうか。
順調に観ているものの『回路』と『叫』と『降霊』は
ひとりで観たくない…
でも黒沢の映画は観たい…
■ cinefil
作品にのめりこんで、その周辺のことを書籍で調べて、評論読んで
他の作品も見て、同時代に交流のあった作家の作品も見て
…というようなことを繰り返していたら、学生時代を思い出した。
今なら黒沢清で論文とは言えないまでも、
レポートくらいは書けそうな勢いだ。
(同時代の作家はどう転ぶかわからないから
 実際は在学中でもやんないと思うが。)

impressions” への2件のフィードバック

  1. >遊さん
    遊さんのおかげさまですww
    DISCASには刺されそうですが
    頑張りました!
    (頑張って何をしたかは公にできない…個人で楽しんでるんだからいいか…)
    おっしゃるとおり、「ぽすれん」のほうがお得感がありますね。
    競合が少なく、レアなDVDも借りやすいみたいです。
    引き続き、映画強化月間終了までがんばります~(^^)

コメントは受け付けていません。