未分類

kimono d’été

晩春に頼んでおいた単の着物がようやく届いた。
わりと涼しかった6月、7月に着られなかったのは残念だけど
亜熱帯のような気候だし、10月中旬くらいまで単でいけるだろう。
ひとあし早く届いたのは仕立て上がりの浴衣で、紫地に蓮柄。
今年は行田で古代蓮を見たので、記念に。
隅田の花火が終わると、浴衣はぐっと値が下がるので
来年着るやつは、夏の気分が残っている今頃に買うと良いと思う。

今日届いたのはセミオーダー。
6オンスの柔らかなブラックデニムを着物にしたやつは
ちょっと渋すぎて男物みたいだが、一緒に買った
モンドリアン風の猫柄の帯(馬鹿っぽい!)には合うかも。

あと、妙にエスニックな縞。
(下に敷いてるトルコのキリムと見分けがつかない!)

これ、家で着てたらtest氏に「ブータンの人みたい。」と言われました。
…たしかに。
大差ない。

kimono d’été” への2件のフィードバック

  1. 猫帯すごい!w
    この個性をどうおさめるのか…
    是非また着物デェトしてください。

  2. >ゆきじるしさま
    このお馬鹿さん加減、どうしても無視できずに買ってしまいました…
    でもご想像の通り、ふつうのコットンのプリントに芯を貼っているだけなので
    とっても結びづらいのです。
    しかも半幅だからどう始末してよいものか悩む…
    矢の字かなあ…

コメントは受け付けていません。