未分類

foreign soil


今日ものすごく久しぶりにテレビを見ていたら
マイセン工房の特集していて、そこには
アジアにかぶれた王様が、中国絵画やインド更紗や
柿右衛門に影響されて、シノワズリ(中国風)の
ものすごーく奇天烈なお城を建てた話を放送していた。
当時のヨーロッパから見たら、インドも中国も日本も
ひとくくりに「ものすごい異国」だったのだろうが
今の東京には色々な文化が入りすぎているし
(チュニジアン・レストランだけで3軒もあるし!)
あと自分がいろいろな国に行きすぎて、どんどん
その場所をカテゴライズしてしまい、
「見たこともない異国」の領域がうんと狭くなってしまった。
あたしは旅行先でしかまともな写真が撮れないのだが
せめて魂の異国はこんなふうであってほしい、
そんな風景を探しているのだな。

foreign soil” への2件のフィードバック

  1. >「見たこともない異国」の領域がうんと狭くなってしまった。
    たしかに・・・!本を読んで想像したりはするけれど。
    でも私にとってははまいさんの写真はどれも「見たこともない異国」です。まいさんの視点から見る世界を楽しみにしてるの♪
    探求していってくださいませ。

  2. >ashley
    ありがとう~~(涙
    もう仕事も忙しくて旅行にも
    行けないかも…とか弱気に
    なりましたが、そういうお言葉を
    いただけると、やっぱりちゃんと
    旅行しなくちゃだめだ~っていう
    気持ちになるね!
    ashleyちんのフットワークの軽さを
    見習うよー!!

コメントは受け付けていません。