未分類

bloody doll

北方謙三 ブラディ・ドールシリーズ『さらば、荒野』(角川文庫)を読み始めた。
モリさんの猛烈な推薦によりAmazonで古本をイッキ買いしたのだ。

ハードボイルドをまじめに読むのは初めてなのだが
もうかっこよすぎて逆に笑えてくる。
舞台が地方都市ってところも、意外とローカルでほほえましい。

「ジンはゴードンだけさ。」

………。
いやはや。

藤木が好きなかんじだが、こいつすでに「死にフラグ」が立ってるぜ、坊や?

bloody doll” への3件のフィードバック

  1. げ。ハードボイルド小説めっちゃおもろそうやん( ´艸`)私もチェックしてみよぉ♪
    でもって、元気でっか?月末か来月あたりにでも飲みに行きまひょ☆2人で合同誕生日会でもしよか。互いが互いをめでたがる会。ムフ。

  2. ただ今私は3巻の肉迫を読み返してます。
    9巻まで主要キャラは出続けるので、油断は禁物ですぜ。
    ダンナぁ・・・・・・

  3. >seicoちん
    おう!お誕生日会やろうやろう。
    おたがいめでたがりまくろう!
    何か美味しいもの食べたいねえ。
    例の赤坂のフレンチつれてって!
    そしてハードボイルド、かなり笑えるよ!
    >moriさん
    人、死にすぎ。
    犬死にしすぎ。
    なんでこう、男たちが死にいそいでるんだ、沼津で。(←沼津ってそんなにダーティな町なのか!?)

コメントは受け付けていません。