Journal読書

under the tree


島田荘司 『暗闇坂の人喰いの木』 (講談社文庫)読了
有栖川有栖の『乱鴉の島』があっさりめの懐石だとするならば
こっちはハイカロリーのフレンチフルコースというかんじ。
「そうそう。わたしが学生自分に、どきどきしながら
夢中で読んでいた推理小説というのはこんなかんじだったよ!」
と思い出させる一冊だった。
人死にのカラクリはともかく、幻想、猟奇、謎解き、冒険といった
キイワードが底辺の部分にみっちり敷き詰められていて
後半は特にふとんをかぶって半泣きで読んだ。
だって怖いんだもの。
この木のモデルのひとつと思われる「来宮神社の大楠」は
わたしも幾度となく訪れてはお参りしている樹齢二千年の大樹。
(2005年撮影)
たしかに、あれなら人も喰らいそうだ。

under the tree” への4件のフィードバック

  1. 写真はまさに人喰いの木だ!凄い。
    たしかに「暗闇坂〜」は島田作品のなかでも盛りだくさんな感じですよね。
    ズバリ探偵小説っていうかんじで。
    しかし、昔あのオチの一つには
    友人と「おい!」って突っ込みましたが…

  2. >クールライチさま
    そうそうそうそう!
    屋根の上の死体はねえ…
    だって跨ってたんだもの…
    ねえ…
    でも木のアレとか英国のアレとかの話はまじで怖かったです。
    ううう…
    そしてスコットランドの車窓風景を見ながらきゃいきゃいしてる、ドジっ子助手の石岡君に萌え。(この腐女子め。)

  3. いいよねー。
    結局理屈で解決できない部分が残っているのがまた良し。

  4. >ィシィさん
    うんうん。
    なんかなつかしいようなかんじだよねー。
    綾辻の十角館とかを貪るように読んでいた頃を思い出したよー。
    新本格好きは同世代が多いね!

コメントは受け付けていません。