未分類

snooker


従兄弟のLと新宿で会う。
彼の友達と飲むとのことでお誘いを受けた。
夕食の予約まで時間があったので新宿コマ劇付近をうろうろする。
卓球をやろう、という案が出たのだが、台が混んでいたので、
あたしとLはビリヤード場に偵察に行った。
とりあえず台を予約して、スヌーカーを見渡すカフェで
麦酒を飲んでいたのだが、眼下のプレーヤーたちが
ただごとではないくらい、巧い。
Lがあたしにスヌーカーのルールを説明しているのを聞いて
プレーヤーのお兄さんが話しかけてくれた。
明日ここで全国選手権が開催されるらしく
出場者がみんな練習しているのだそうで。
道理で。そりゃ巧いわけだよね。
結局タイムアウトで、自分達はプレイしなかったのだけれど、
球の描く軌道とか、球を動かす緩急のつけ方とか、
姿勢や視線がとても美しいので、ずうっと見ていたかった。
キューゲーム特有の手先の緊張具合に、ちょっと萌えた。
ぽわん。
夜はみんなで楽しくお酒。
初対面で、趣味や思想になんの接点もなさげな自分に対しても
そういう状況に馴れている人ばかりなのか、みなさん
気さくに話しかけてくれて素敵だった。オトナだわあ。