未分類

a double rut


朝、ちょっと早く起きてベランダの植物に水をやる。
あたしはいつも、その後5分くらい
(ほんとうはもっと短い間かもしれない。)
じろじろと植物を眺める。
じろじろしている間は何も考えていないわけではなくて
「新しい茎がでてきたぞ」とか
「この葉っぱは萎れているけど、乾きに強いから平気だろう」とか
「花が終わったら切りつめろと言うけど、面倒だな」とか
考えているのだが、それと同時に
「わたしはいつもベランダで植物をじろじろみているな」とか
「”新しい茎”だと認識するのは、昨日とは違う視覚情報の断片を
集めて統合した段階で、「アタラシイ」という言葉に至る前に、
すでにわたしの思考はどこか別のことに飛んでしまったな」とか
「墓参りの人がわたしを見つけたら不気味に思うだろうな」とか
(うちのベランダからは一面の墓場が見えるので)
そんな思考が並走している。
舞台で役者が順番に台詞をしゃべっているというよりは
ふたりの役者が同時にしゃべっていて
意識的にどちらかにスポットライトを当てているような感覚で
こういうのは誰にでもあると思うのだが
それをスパっと言い表す言葉(たとえば
「本当はないはずなのに、どこかで見たことがあるような感覚」を
「既視感」というような)が、思いつかないな、と思った。
日本語以外だと、しっくりくる単語があったりするんだろうか。

a double rut” への6件のフィードバック

  1. その写真はどこで撮ったものなのかが気になりますよ。
    ゴーディーなお部屋とか鞄とか最近好きです。
    一緒にセレブごっこもしようねー←何をもってセレブなのかはこの際無視で。敢えて言うなれば片手に必ず携帯(耳にあてがうだけでも可。)、キャミソールにデニムをブーツインなかんじで。笑

  2. うんうん。わかるよ、その感覚。
    私は自分の中に、さらに2人いて、たまに会話したり…
    何かを見ながら違う事考えてたり、、、
    ひとりごとともちょっとちがう感じ。
    セラピストやってる友達に、私の中にまだ私がいるっていったら、「うん、そうだね」って、ばれていた。。。
    これがひどくなると、多重人格になるんだね。きっと。。。

  3. >希琳ちゃん
    これ、福島の天鏡閣という皇族の別荘みたいな
    ところです。調度品がいちいち可愛かった。
    セレブごっこ!ティアドロップ型のサングラスに
    ベースボールキャップですかね。(古い?)
    もしくはペラペラのワンピースに毛皮とか。
    >きただちん
    そうそう、会話したりもしてるよね!
    よかった、自分だけじゃなくて…。
    ひとりごと、っていうのは言葉になってる段階だけど
    もっともやもやした状態でいろいろなイメージが
    うかびあがっては消えていく状態って、あるよね。

  4. んー。わかるなぁそれ。
    斜め後ろくらいの位置から私の事見てる瞬間が多々あるよ私も。自分の事を、「この子」とか呼んだりすんだよね(笑)
    ただ会話したことがなくてね。後ろの私と、ここの私はあくまで一方通行な関係。今度お話してみよう(笑)

  5. わかるような気がします。
    私のも同じような感覚だと思うんですけど、
    日常的な感覚だったせいか
    あんまり意識していなかったので、
    はっきりと自分で断定できないんですよね。

  6. >seikoちん
    「この子」!!www
    なんで自分を見る視点って斜め後ろなんだろう。
    あたしもそうなんだけど。
    >蜜柑さん
    あたりまえの感覚なのに、でももしかしたら
    あたしだけかも?と思うことってありますよね。
    文章にするとグダグダなんだけど
    それを書くのがまた楽しかったり。

コメントは受け付けていません。