未分類

world’s end garden iii


水牛車に乗る。
はっきり言って、歩くのより遅い。
ほんとうのゆっくりさというのは
自分が考えているよりも、
もっとうんとゆっくりなのだなあと思った。
仕事をしているわけでもなく
何かに没頭しているわけでもなく
誰かを待っているわけでもないので
時間の流れがちがうのはあたりまえなのだが。

world’s end garden iii” への5件のフィードバック

  1. 自分自身が急いている部分って大きいですよね。
    そういえば、地元の人は夜泳ぐって本当なのでしょうか?

  2. 夜じゃないけど日が落ちるぎりぎりの時間がいいはず。
    日焼けするから地元のひとは、昼間泳がんよ。
    まいと、島で会えたら素敵だよやー。

  3. いいいいっすねえ。(´ー`)
    もうなんか違う世界ってカンジですな。
    あー
    俺、旅に出ますw。

  4. >くすのきさん
    なかなか自分の家だと、ゆっくりしていても実感がわかないですよね。。。
    >いもりんこさん
    潮の関係で午前中に海に行ったんですが
    やっぱり日差しがきつかったです…
    >希琳ちゃん
    コンドイ浜は遠浅すぎて、うんと遠くまでいかないと
    泳げなかったのが辛かったなあ。
    ミシャーシ浜で魚がたくさんいるポイントを
    聞いたので今度はそっちで泳いでみたいよ。
    >hiyoro
    借金してでも旅に出るべし。

コメントは受け付けていません。