Journal読書

longing

「パパがいってたけどね、ニョロニョロたちは、
どうしても思ったところへいきつけなくて、
いつもどこかをあこがれてるんだって…」
ニョロニョロって、そんな哲学的ないきものだったのか。
(動物と植物の中間くらいのものだと思っていた。)
トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の彗星』(青い鳥文庫)読了。
あんなにかわいい、ほのぼのしたムーミン谷にも
彗星衝突・地球滅亡というSF的危機が迫ったりするのだった。
しかし、たいして動じないムーミン谷のなかまたち…。
思ったところへいきつけない、と言えば自分のサイトもそうだ。
もう10年近くいじっているのに完成型は見えない。
ここ数日で、セカンドトップのFLASHを改修。
リロードするたびに背景画像が変わるスクリプトを動かすのに
3時間もかかった。(ダミーで置いているムービークリップの
座標が問題だったらしい)
今日はPhoto exhibitionのフレームセットをはずす。
CSSがIEでうまく動作せず泣きそうになっている。(現在進行形)

longing” への3件のフィードバック

  1. longingという単語の意味を
    ジョージウィンストンで知ったのは
    まだ高校生だったころかしら。
    かの曲をバックにニョロニョロを眺めれば
    それだけで切なくて泣けるかもしれません。

  2. いじらないと忘れますよねFLASH、・・・じゃなかった(笑)
    真空な感じのまいさんの写真が発表される場の名が
    「月」であるの、如何にもふさわしいなどと常々勝手に思ってます。
    新型表紙の動き、そこはかとなく夜空の月を連想します。
    あ、ランダムの画にも新作が♪

  3. >ゐさん
    なつかしいね〜。
    フジサンケイグループ提供の
    天気予報@箱根の森彫刻美術館ですな!
    あの曲は楽譜も持ってるよ!
    >れざさん
    ほんとはもっと色を使ったサイトも作りたいんですが
    あまり色々なデザインになっても
    コンセプトがブレるかなあ、と思い
    デザインを踏襲してます。
    ランダムの写真を季節ごとに変えたりできたらいいなと思ってます。

コメントは受け付けていません。