未分類

mist in the cathedral

r隊員、a隊員、s隊員と宇都宮へ。
今回も大谷石資料館へ行く。
地下の巨大な空間は外界との温度差のせいか、
霧がたちこめていて、岩間から入ってくる光が
白いさらさらした粒子のように見える。
寒い。


外に出てからは廃墟センサーでキャッチした
大谷石の山に埋もれた廃ホテルを探訪。
荒らされてはいたが、カラっとした陽性の廃墟であった。
ちょっとした意匠に蔦性の植物が繁茂していて
コロニアル風といえなくもない。



すっかり大谷に長居してお腹が減ったところで、
帰りは餃子共和国(有名店が軒を連ねるフードコート)で
各自調達してきた餃子を持ち寄ってガン食い。
やっぱり「みんみん」の餃子は美味しかったな!

mist in the cathedral” への3件のフィードバック

  1. おお!また行かれたのですね。
    あそこは本当に何度行っても良いと思える
    神秘の空間ですね。
    写真も素晴しい。
    後半の3点はなにやらジャパニーズホラーの
    中盤あたりのシーンのようです。

  2. 出先で廃墟に反応してしまうセンサーに乾杯。
    廃墟に陽性なのがあるのだな。

  3. >coollycheeさま
    はい、またしても行ってしまいました。
    今回初体験の人もいたので、なかなか
    新鮮に楽しめましたよ。今回は下界との温度差で
    霧が出ていてより神秘的でした。
    >wo.さん
    陰性の廃墟は、ほんとうに怖くて
    裸足で逃げ出したい気分になるのです。
    それにくらべると、ここのはカラっとしてました。

コメントは受け付けていません。