未分類

camera

メインの一眼レフはCanonのEOSだが、
普段持ち歩いているのはRICOHのCaplio GX。
マニュアルで露出を調整できたり、マクロ撮影ができたり
撮影が楽しくなるようなカメラだ。
この日も、露出補正を+1.7にしたまま猫を撮ったら
昭和に撮影したような色あいになった。

こういう偶然が楽しい。
とはいえ、わたしはカメラもレンズも全然詳しくないし
目も悪いので、マニュアルはほとんど使えない。
露出とかF値とかもよくわかってないので、たいていオートで撮る。
(というと皆驚くが、日常屋外で撮るような写真は
オートで撮るのが一番綺麗に撮れる気がする。)
結局、数値的に「正しい」写真でも、被写体によっては
陳腐な素材集に入っているようなものになってしまう。
それがいやだ。
技術的なことで写真を評価するのもいやだ。
ブレててもトンでてもストロボで顔がテカってても
構図が素晴らしかったり空気感が出ていれば
それでいいじゃない、と思う。

camera” への3件のフィードバック

  1. >陳腐な素材集
    耳が痛い!w
    でも、その通りだと思います。
    回転レンズ(スイバルデザインと言うらしい?)のカメラはどうして流行らないんだろう…
    あんな楽に盗sいやいやいやアリンコ視点で撮影できるカメラ、新作出たら俺飛びつくのにい。(゜Д゜)

  2. >hiyoro
    日頃、sozaijitenを見過ぎているのでw
    空とか花とかは特にむずかしいね。
    回転レンズ、CONTAXのを一瞬使ったのですが
    どうにも使いづらくてヤフオクで売りさばき
    かわりに買ったのがGXだったのでした…。
    デザインは好きだったんだが…
    >mi-co
    ふふふ、みーこお気に入りの写真です。
    また谷中で猫まみれになりましょう。

コメントは受け付けていません。