未分類

a-Dieu-va

なんだか変な書き方をして心配をかけてしまった。
申し訳ない。
メッセージやメールをくれた皆様ありがとう。
週末に祖母が急逝しまして(=最大級の悲しい出来事)
育ての親みたいなものだったので
遺影の笑顔をみる度に泣けて泣けてしょうがないですが
日常では、ほのぼのしたり爆笑したりもしつつ
故人を偲んでおります。
意外とマルチタスクにできているのだ。

これはどんな能力なのかよくわからないが
死期が近い人は、どんなに元気でも夢によく出てきて
わたしに色々なことを言うので
うすらぼんやりとした覚悟ができてしまう。
だから会えるときに会って
言えるときにお礼を言う。
言えなかった言葉は亡霊のように自分を苛むので。
それから、生とか死とか抽象的なことを考える練習をする。
そうするとカタチのないものを
静かに受け止めることができる気がする。
まるで一般論ではないのだが。

a-Dieu-va” への4件のフィードバック

  1. 私の母も、子供の頃から仲良くしていた
    祖父(私にとっては曾祖父)が亡くなる前、
    夢に現れたと言ってました。
    (的外れな意見なのかもしれませんけれど)
    そういう夢を見るのは、
    夢を見る人が相手を慕っているだけではなく、
    相手もその人の事を慕っているからではないかな…、と
    思います。
    だから、仮に言えなかった事があったとしても、
    ちゃんと(相手は)わかってくれていると思いますよ。

  2. ハタチの時、友人のお葬式でお坊さんから「49日かけてあの世へゆく」と聞いたので
    おおそうか、と心得てお線香あげに通った
    一月もたった頃、写真の中の奴が笑いかけてくれた
    その時はぎょっとしたけど、いまはいい記憶
    自分の脳が己に見せたものだと知りつつも、ね
    たくさんの考えを残してくれたし、たくさんの感情も残してくれた
    この世は遍く生者のための世界で、故人の意志を引き継げるのも、また生者
    感謝の念は忘れませぬ

  3. ええ!?
    …言葉がでてきません。
    私も悲しい。
    遺影でも会いに行きたい。
    maiちゃんにも会いたい。

コメントは受け付けていません。