Journal読書

mu-shi

仕事のできる人は「暑い」「寒い」「疲れた」を
口にしない、というのを何かで読んで
おお!たしかになるほどな!と思ったので
実際口にしたところで疲れがとれるわけでもなく
周囲のテンションを下げるだけなので
なるべく言わないように気をつけていたのだが。
(それでも言っちゃうんだけど)
しかし!
今月はもう何度でも言うね!声を大にして言うね!
疲れたー!疲れたー!!
仕事帰りに飲みに行けない人生なんて!(涙)

そんななかアニメ『蟲師』を観る。
以前、原作を借りてずいぶんハマったのだが
アニメもかなりクォリティ高い。
漫画では表現しきれない光脈や光酒、蟲の動きなんかが
ほんとうに美しく描かれている。
音楽も好い。
『蟲師』を読むと眼に見えないけれど
たしかに感じるものや、八百万の神々の存在を
信じてもいいような心もちになる。
このへんは江戸の鬼門に位置しているせいか、
どんなに眼を凝らしても果ての見えない手つかずの闇がある。
仕事帰りに谷中の墓地を歩いていると
視界のはしでチラチラ動いている光が「蟲」にみえてくる。

mu-shi” への5件のフィードバック

  1. 素材には、動きや音や時間を加えアレンジする事で
    更に昇華するものがあると思います。
    「蟲師」は製作陣にも恵まれた気がします。

  2. できる人でも、「暑い」「寒い」「疲れた」は言うべさ。
    ただ、それを言い訳にしないだけだよ。
    また、できる人は、「暑い」「寒い」「疲れた」と周りが
    言ってても流されない人ですな。
    もちろんデキスギル僕は、「気分がのらない」「お腹がいたい」「仕事が嫌だ」とかを仕事が進まない理由にしております(笑)

  3. >れざさん
    蟲の動きがかわいかったですー。
    「緑の座」では、主人公の書いた文字が
    鳥になって飛んでいくシーンがよかったですね。
    >copiz
    さすがデキスギル男はちがうね!
    「寒いから仕事しません」とか言ってみたいwww
    今の仕事は村上春樹的雪かきのような作業なので
    テンションは自分次第ってとこですね。
    一段落したら飲みましょー…。
    冬は焼酎のお湯割が美味いよね。

  4. 「蟲師」、私も大好きです〜。
    「蟲」に限らず、普段は眼に見えない存在が登場する作品には
    どうしても惹かれてしまいます。
    実際に見えたりしたら、色々と大変なんでしょうけど(笑)。

  5. >蜜柑さま
    お返事遅くなってしまいました。
    まだ第一話を見て以来続きが見られていないのですが(涙
    「蟲師」は各話のタイトルも素敵ですよね。

コメントは受け付けていません。