未分類

l’air d’hiver

日曜は黒ミサ2日目。
笑いすぎて腹筋が痛い。
(熱心な信者の皆様にはお叱りを受けそうですが
個人的には上等なコミックバンドという位置付けなもんで。)
せっかくの黒ミサだし、ちょっとはゴスなスタイルで、と思い
姐様から譲っていただいたWONDERFUL WORLDのヒラヒラ段々スカートとゴスゴスしいアクセで武装して参戦してきました。
こういうかっこうもたまには楽しいかも…。
帰ってから宮崎駿『ハウルの動く城』を観る。
みんなが言うほど酷くないと思うのだがどうか。
バロキッシュな舞台装置やヨーロッパの町並みは
ほんとうに美しかったし、ハウルも躁鬱だけど男前だった。
あの戦争がなんだったのかがわかりづらかったが。
明日から職場は修羅場だそうです。
休日出勤もやむなし、という空気が漂っていて
逃げ出したい気分なのですが。嗚呼。

l’air d’hiver” への10件のフィードバック

  1. 映画館で見ました「ハウル‥」。
    前評判通り、イマイチ?
    と判断下しそうでしたが
    欧州風の画のキレイさは流石、
    恥ずかしながらエンドロールで
    ヒロインに流れた時間にホロホロ泣きました。
    伊達に団子屋の看板娘やってなかって事かな?

  2. 希琳も好きだったよ。ハウル。
    いとしのコウヘイ(当時4歳)と観にいったんだけどね
    2回も一緒にコウヘイと行ったんだけどね←阿呆がおるぞー!
    2回ともコウヘイ(当時4歳)はおなじ場面で
    希琳の手を握ってくれて、そこに感動。
    そして2回とも終わったあとカルシファーの物真似をやってくれて
    希琳に「また来ようね」って言ってくれたのでした。
    嗚呼蘇る甘い思い出・・・♡
    ミサ行きたかったなー。
    楽しかったみたいでよかったー。

  3. >れざさん
    エンドロールで泣きましたか…!
    なんか原作は読んでいないのでなんともいえないのですが
    「描きたいシーンを全部描きましたー!」という
    配分を無視したシーン割りが結構清々しかったりw
    (荒れ地の魔女とソフィの階段対決とか)
    団子屋の看板娘?
    ソフィは帽子屋???
    >希琳
    映画館で観てたらもっと良かったかもー。
    いいなあ、映画館デェト…
    木村拓哉の声が思っていたよりかなり良かった!
    尊大で自分好きでフェミニストで
    でも凄く優しい、みたいなかんじが
    よく出ていたと思う。
    髪の色が変わって落ち込んでドロドロになっちゃう
    シーンが好きだwww
    ミサ、おもろかったよw

  4. ミサってMCが楽しみだよね。抱腹絶倒ってかんじが伺えますね。2回も行けて羨ますぃ〜!
    年齢層高いのに?未だに集客力があるのがスゴイ。
    ハウル、私も思ったほど木村拓哉の声が意外にも良かったと思う♪そしてマルクルに「萌え」でした。

  5. ハウル、私も観ました〜!
    原作読みたくてなりませぬ。私は面白かったなーと
    思ってます^^
    カルシファーとマルクルの口まねが我が家で流行中。
    黒ミサ、行けたんですね!
    旦那がなにげにベースとドラムのお二方を尊敬してる
    らしいです^^

  6. 面目ない、「団子屋の看板娘」発言は
    ソフィー → 倍賞千恵子 → 「男はつらいよ」
    という構図です(分かんねーって(苦笑))。

  7. 「ハウルの声は思ったより良かった」
    という話は聞くんですけど、
    ソフィーの方はどうなんでしょうか〜?
    (カルシファーの声も気になっているんですが…)
    原作を読んでいるので
    映画は観なくてもいいかなと思っていたんですが、
    CMでマルクルの話を聞いてから
    ちょっと気になってます(笑)。

  8. >ashleyちん
    なんかみんな「身体が覚えてる」かんじだったよw
    本人たちも「コピーバンドにしてはうまいだろ?」って
    言ってましたw
    でもお客さまのなかには「網タイツ&ホットパンツ&革ジャン」で
    時が止まってる推定30代後半の女性もちらほらいて
    なんとなく痛々しいというかなんというか…あわあわorz
    神木りゅうのすけ君の声は「千と千尋」の坊の声以来
    ファンなのですよう。かわいすぎー!
    >いもりんこさん
    ご主人、渋いですね!
    あそこのリズム隊は本当に凄いですよー。
    もうすでにロックですらないんですが…
    (どっちかというとフュージョンかなあ)

  9. >れざさん
    すみません、難易度高かったです。
    >蜜柑さま
    ソフィーは、激昂して90歳から19歳に
    戻ってしまうときの声の変化が凄いです!
    見所といってもいいかもしれない。
    最初は「少女にしてはオトナっぽすぎるかなあ」と
    思っていたのですが19歳だったらこんなもんかな。
    宮崎作品のなかで「19歳の女」が中心で描かれるのって
    珍しいですよね。

  10. 確かにそうですね。
    ほとんどが10〜16歳前後だったと思いますし。
    さらに気になってきたので
    ハウル、観てみますね。
    ありがとうございました〜。

コメントは受け付けていません。