Journal読書

young love

BGMはひさしぶりにサザンです。
かっこよすぎです、サザン。全然好きなわけではなく
自腹でCDを買ったこともないのだけども
桑田圭介氏の日本語の語彙やリズムはかけねなしに天才的だと思う。
持ってるのは、学生時分にバイトしてた某レコード会社で
頂戴した非売品の「YOUNG LOVE」のみ。懐かしい。
ひさびさに仕事で近くを通りがかったので
不気味な壁のラクガキをパチリ。

中上健次『千年の愉楽』(河出文庫)
難航…
文章にクセがあるのと、方言を解するのに時間がかかるのと
路地の人間関係が難しいのと、たまに出てくる
美しすぎる至上の情景描写に息がつまってしまって
なかなか進まない。
村上春樹の5倍くらいかかる。
勿体無いからゆっくり読もう。