未分類

cinema baton

某所からサルベージしてきた映画バトン。
たしかに設問が抽象的で難しいなあ。
1.心に残り続ける映画
〓W・ヴェンダース「ベルリン〜天使の詩」
静謐で猥雑。天使と人間。モノクロとカラー。図書館。様々な言語。
見るたびに発見がある一作。
〓W・ヴェンダース「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
故・コンパイ・セグンドに敬意を表して。
〓E・クストリツァ「アンダーグラウンド」
笑って泣いて。ジェットコースターのような映画。
しかし祖国というものを考えさせられる一作。
音楽も良い。
〓J・シュワンクマイエル「悦楽共犯者」
変態さんがいっぱいで馬鹿すぎる話なのに真面目に作りすぎ。
笑いつつも薄ら寒くなる一作。
〓L・ブニュエル「黄金時代」
凄く好きというわけではないんだが、インパクトが強すぎて忘れられない。
無声映画にハマったきっかけになった一作。
映像が衝撃的だったJ=P・ジュネ「ロストチルドレン」とか
インテリ変態オヤジ映画の最高峰(?)ルイ・マルの「ダメージ」とか
超BQ変態堕天使オヤジ映画C・ウォーケン主演「プロフェシー」とか
邦画でここ数年で一番だった是枝裕和「ワンダフルライフ」とか
ほかにもいろいろあるんですが…
自宅上映頻度TOP5はこんなものでしょうか。
2.愛する人と見たい映画
踏み絵は「ベルリン〜天使の詩」でしょうか。
だいたい皆寝るね。(涙
現実的なところでは三谷幸喜とか。笑えるやつがいいかも。
3、震えたホラー映画
お金を払ってまで怖い思いをしたくないので
ほとんど見たことないですが
D・アルジェントの「サンタ・サングレ」はいつか観たい一作。
あまりに怖くて号泣したのは幼稚園の時に観た手塚治虫の「ユニコ」。
4、バトンを回す人
れざさん、moon、copiz、みわみわ、希琳
ヒマだったら是非。

cinema baton” への9件のフィードバック

  1. 「ベルリン 天使の詩」は寝るですか…。
    DVDが絶版になるのが早すぎですよねえ。
    「パリ、テキサス」も結構好きです。

  2. DVD絶版ですか…
    ビデオは持っているのですが、最近買いなおそうかなあと思っていたのですよね…(´・ω・`)ショボーン
    たいがい、映画をみつけてない人にとって「ベルリン」みたいなのは辛いようですよ。
    わたしもアンゲロプロスは寝ますけどね!(寝て、起きてもまだ中盤くらいw)

  3. ごめんなさい、初視聴時寝ました「ベルリン・天使の詩」(苦笑)。
    そ言えば今週末から神奈川県立美術館の葉山館で
    J・シュワンクマイエル展やるそうな(→リンク)。
    なんで葉山?

  4. 「ベルリン天使の詩」は私の一番好きな映画です。
    もちろん寝たことは無いよ(笑)
    今度一緒に観よう!
    帰国してから邦画をみる機会が増えたよ。
    日本語はやっぱり心に染みるね。

  5. >れざさん
    ヴィム・ヴェンダースに謝ってくださいw
    バトンをまわしたうちの3人が
    「ベルリン〜」を上げてますね。
    こんな人気ある(?)のにDVD絶版かよ!(涙
    (どうせどこかが再販しそうですが)
    葉山のシュワンクマイエル展、なぜかNomadにフライヤーがありましたw
    >雅月
    わたしは最近邦画がいいなあ、と思うように。
    黒沢清と是枝監督はダントツですね。
    「誰も知らない」が見たいなあ。
    今度一緒に「ベルリン」観ましょうね〜v
    あれ、人とだらだらしゃべりながら観るのもいいよね。

  6. 黒沢清は怖いけど、
    是枝監督はダントツ好きな監督です。
    「誰も知らない」凄く良いよ。
    映画的に是枝監督最高作かも…。
    だらだら観よう!
    楽しみだ!

  7. 黒沢清も、哀川翔主演の「勝手にしやがれ」シリーズは
    めちゃくちゃ笑えるよ〜!おすすめ!
    ギャグなんだけど、画面はなぜかゴダールっぽかったり。
    東京の下町が舞台なので、うちの近所でロケしてます。

  8. 私は黒沢清、一般的には多分あまり評価高くない
    「回路」と「降霊」で、ここ数年で最も震え上がりました。
    「ドッペルゲンガー」はまだ見てません。
    「勝手にしやがれ」は相当笑えますね。
    國村隼が某をコロコロ転がす話が好きです(笑)。
    成人映画だけど「神田川淫乱戦争」も
    そこはかとなく漂うPFF風味?が楽しいです。

  9. 希琳も3人で「ベルリン天使の詩」観たいよう。
    帰国するまでその話は保留に・・・(自己中)
    ふたりで会ったりしないでね!(僻み)
    いいなあ、もう帰ろうかなぁ・・・(笑)

コメントは受け付けていません。