未分類

aegis

阪本順治監督 『亡国のイージス』(日本ヘラルド映画/松竹)
原作でハマりにハマったので映画のキャストには
かなり不満だったが、フタをあけるとさほど違和感なく楽しめた。
ガタイが大きくドスドス走る、と描写されていた
先任伍長役に真田広之というのは、いささか端正すぎる気がしたが
実際かなり体重を増やして役に挑んでいたようだ。(ちっちゃかったけど。)
ヨン様:中井貴一はかなりハマり。目つき悪すぎ。
如月行:勝地涼は動きもシャープでよかった。
竹中船務長:吉田栄作はちょっとかっこよすぎ。脚長すぎ。
一番ハマってたのは内閣総理大臣役の原田芳雄。本物みたいだ…。
未見の方は原作を読んでから観る事をお薦めする。
なにしろあの厚さの小説を2時間強で映像化しようというのだから
はしょられて当たり前なのだが、開始10分程で「うらかぜ」撃沈て…。

それはそうと、この日私は財布を忘れ、
プリペイドカードで地下鉄に乗ったため現地到着まで気づかず
連れにたかって一日過ごしました。
いやはや…財布だと思っていたのは名刺入れだったんだよね…。