Journal読書

hotel cactus

江國香織『ホテルカクタス』(ビリケン出版)読了
調べ物があったので図書館へ。
天気予報は曇りだったけど、雨のにおいがしたので傘を持って出た。
家を出て30秒くらいで突然通り雨に遭った。
あまりに大粒で、まるで雹のようだったので
魚やヒルが降ってくる『海辺のカフカ』を思い出した。
希琳ちゃんが「まいはきっと挿画が気に入るとおもう」と言っていたので
図書館で江國香織『ホテルカクタス』を借りた。
静謐でスモーキーな色の油絵は直球で好みだった。
感情を殺したニュートラルな画風はDavid Hockneyを彷彿とさせる。
パリらしい螺旋階段の絵をたくさん見たので
北駅裏の素敵な螺旋階段がある安ホテルを思い出して、
また行きたくなってしまった。
別にこれと言って見たいものは何もないのだけど。

「いまここに必要なものは、外国だ。」
わたしもそう思う。
童話のような小説のような詩のような不思議な中篇だ。
この作品に限って言えば美味しい水のようなかんじ。
後味は無いが、美味かったという感想は残る。

hotel cactus” への2件のフィードバック

  1. よかった気に入って。
    希琳は、実直なきゅうりがとても好きで
    でも数字の2の神経質さにも笑ってしまって
    帽子の得体の知れないハードボイルドさに
    ほれぼれするよ。
    ぱきっと立ち上がるきゅうり とか
    あとは野となれ山となれ な の帽子とか
    好きな場面は多いのに、印象にちっとも
    残らないから、さらっと読めるので好きです。
    読みやすい文章だしな。
    希琳はあの挿絵にうっとりしてたよ。
    しずかでつめたそうな廊下とか、もう巴里にあった
    ホテルにそっくりだったし。
    「神様のボート」をいまだ上回る作品がないので
    何度もこっちで読み返しています。
    「流しのしたの骨」もお勧め(江國香織の)
    また読んでみてね。
    希琳は今、英文にチャレンジ中だけどもう挫折しつつあるよ。
    ああ・・・。

  2. 私も「ホテル・カクタス」は挿画に惹かれて読んだ口です。
    江國香織はもともとよく読んでいたのですが、
    この本はビジュアルにやられて。
    深閑とした雰囲気の挿画と、
    奇妙な味わいの登場人物たちの物語がよかった記憶が。
    随分前に読んだのでうろおぼえですが…。
    発掘して再読してみようかな。

コメントは受け付けていません。