未分類

cotton,races,gothique.and tea

おともだちと新宿へ。
My Cityへ行き、改装されてすっかりモダンになったレストラン街へ。壁面のダクトや計器やケーブルのオブジェやブルーに発光する煉瓦など、かなりマニアックな内装。店のセレクションも中華の春秋なんかが入っていていいかんじだ。
和食系のお店で遅めのランチ。マグロとアボカドのタルタル丼が美味しかった。

My Cityを上から下まで冷やかしてから伊勢丹へ。
本日メインのDries Van Notenは伊勢丹のオリジナルバイイング「Restyle」の中に1ラックしかなくて非常に不満だった…。コレクションは物凄く良い商品構成だったのに、買い付けの量がそもそも少ないのかもしれない。2003年にライカがライセンス契約を切ってから路面店も撤退してしまって寂しいかぎりだ。ベルギーに行った時に買おう。あまり関係ないが、何故か日本ではドリス・ヴァン・「ノッテン」と撥音表記するのだが、正しい発音は「ノーテン」です。脳天。
マルイでFAをしているおともだちにご挨拶をし、ゴス服を見る。
Alice Auaaはまるでホーンテッドマンションに入っていくような閉鎖的なハウジングが非常にコンセプチュアルで良い。しかし、あんなフェティッシュなトルソーをどこで仕入れてきたのか。
南口のFlagsでUnited Arrowsのメンズを見てから
タワレコでずっと探していたface to aceの新譜をゲット。
小田急ミロードを更に上から下まで冷やかす。Merveille Hsunaokuwaharaはなかなかいいかんじ。
今期はレースや楊柳、クラッシュプリーツのものばかりだ。
同行女史はかなりの当たり年らしく、ピンタックやバテンレースをふんだんに使った綿ローンなどが破格の値段で出ているのに畏れ慄いていた。わたしも思わず「これ仕入れ値だよ…」と呟いてしまった…。
原宿に移動し、静かなカフェでまったりお茶。
アールグレイを飲んだ瞬間、カフェインで視界が拡がり、いままでぼんやりと続いていた頭痛がふっとんだので吃驚する。素晴らしきかな紅茶の力。
そして女の子(子…?)同士のお買い物とお喋りは何よりの充電。またまたいろいろな企みが出てきて来年度も創作方面が面白くなりそうだ。