未分類

botanical life

いとうせいこうの「ボタニカルライフ」が
めでたく加筆文庫化されて、読み返していたら
急に植物たちの様子が気になってきた。
もともと手のかからない子ばかりなので
いい加減に世話をしていたら、植物たちは
窓のほうに首をよじるわ、蔓は絡ませ放題だわ
基準を無視して大きく育つわ、もう大変だ。
蔓を切ってやったり、鉢を回してやったり
肥料をあげたりする。

新顔の試験管ベイビー。
水も肥料もなしで育つゼリーに浸かっている。
蘭の一種らしい。
なたまめに絡みつかれっぱなし。

なたまめセカンドジェネレーション。
今年も蔓が元気にあちこちを侵食。
豆、なるかなあ。

部屋の主。樹齢20年以上。
もう、これ以上育たないで…

コンシンネの子供。
(伐った枝を水につけておいたら発根して、
立派になられた。)
後ろにいるのはサボテンの寄植えをばらしたもの。
最初のころはもっと丸まっていて
ずーっとサボテンだと思っていたけど
これ、よく見るとアロエような気が…