未分類

なたまめ日記

花弁が一枚ひらいていました。
帰宅することには萎れていたりしないだろうか。
真っ白な花のようです。