未分類

いつもとちがう道

最前の車両に乗ってしまったので
今日は北口改札から出る。
御隠殿坂をのぼり、薬屋に寄り
はつねの道を曲がらずに通り過ぎて
夕焼けだんだんと平行する坂をくだる。
谷中銀座を抜けてよみせ通りを歩くのも良いが、
とっくに商店街の営業時間は終わっているので
今日は避けることにする。
小さな居酒屋とアパアトと寺がひしめく道を歩き
ふとみあげると、電柱にからまったまま枯れた蔦が
まるでオブジェのように見える。

岡倉天心の住居跡の公園をよこぎる。
ここの六角堂は存在自体が怖い。
何故か堂の中から視線を感じるので。
都内ではめずらしい草ぼうぼうの空き地をよこぎり
そのむこうの深い木立のシルエットにおびえる。
あの草の中や木立の中では死と再生が活発に行われているにちがいない。
そして三崎坂に出る。