未分類

消失点

夢と現実のはざまでゆらゆらしていて
朝、電車に乗っても車窓風景がいつもと違って見えて
このまま線路は消失点を越えて、別の世界を
走っていくのではないかと思うことはありませんか。