未分類

ひとびと

いろいろな人が通り過ぎてゆく。
私は彼らに優しくしたり笑わせたり嘘をついたり怒ったりする。
彼らは無関心であったり、ひどくこちらに興味を示したりもする。
わたしは深い湖の底で
薄氷の上を歩く彼らの姿を見上げている。