Journal

猫町逍遥

本日は今夏最後の浴衣で集まろうという趣旨で
M女史、A女史と和装で落ち合う。
三崎坂のレトロ趣味猫キチ炸裂の喫茶店にて
甘いココアを飲みつつ着付けに難航するA女史を待つ。

名物猫 良介さん。(推定8kg。)
合流してからは千代紙屋や雑貨屋など見ながら
谷中〜桜木のあたりを散策。
古きもの屋では店主とおしゃべりをしながら
2時間近く居座ってしまった。
むかしきものを引っ張り出してああでもない
こうでもないと囀るのは楽しい。
M女史はあでやかな袋帯を、A女史は粋な着物と
可愛らしい帯を、私はムラ染めの帯締めをゲット。
気づいたら夕刻になろうとしている。朝から何も食べずに
すっかり買い物に没頭していた私たちも空腹に気づき、
こんな時間(16時)にカレーをがっつり食べて体力充填。
古道具屋をひやかして、芸大、旧帝国図書館のほうへ。
猫に気をとられながら墓地をぐるりとまわって
山の上のインド式?紅茶屋でひとやすみ。
お仕事を抱えたA女史と日暮里駅で別れて、M女史と
谷中ぎんざから千駄木、根津のほうまで足を伸ばす。
途中、夕焼けだんだんでは猫の集会を目撃。
無国籍料理屋で今は亡き居酒屋のママさんと邂逅。
南国の薄味麦酒で往く夏を惜しむ。
また千駄木まで戻り、深夜まで開いているカフェーへ。
とりとめもない話をしつつ珈琲を飲んで解散。
それにしても、下駄でよくここまで歩いたな。
お付き合い有難うございました…。>A女史、M女史。

この街はゆるゆるだらだら歩くのに良い。
墓地の空の広さとか、やたら猫がたくさんいることとか
木が多いこととか、古い建築があることとか
いろいろなことが複合的に作用して
人をゆるゆるだらだらと歩かせる。