未分類

「正午」

日向の猫は 眼をとぢる
それは彼女が青空をきらひだからだ
そしていつの間にか眠ってしまふ
         立原道造『草稿詩篇』より「正午」