Japanesen Lantern Fest

光源寺さん、ほおずき千成市へ。ここのタープが毎年風に揺れて美しい。そこから谷中のへび道にできたビストロSanceriteさん。シェフは池袋で長くやられていた方とのこと。とても丁寧で美味しかった。ヘッジエイトさんでビール飲みつつ車の話しつつ(わたしはよくわからないけど)、帰りに誰もいない根津神社をお参り。

谷根千満喫。

Tokyo Tour with Best Mate

希琳ちゃんが婚約者のレオを連れて来日。初日は成田のあさひやさんのご自宅にイシイともどもおじゃまして、素敵なガレージでBBQをした。あいにくの天気で外でできなかったけれど、美味しいお肉や魚介を用意していただき、イシイとレオが調味係。ふたりとも料理人だけあって動きがそっくりだと希琳ちゃんと笑った。この日はレオさんの誕生日ということで、上野松坂屋で調達したANTENORの抹茶ケーキで御祝い。楽しい一日。

翌日は彼女らを谷中のフランクさんのゲストハウスに案内。途中、はつねの道の千根やさんでうな重を食べた。荷物を置いて、御茶ノ水へ。音楽好きなレオをDisk UnionのHR/HM館に案内すると探していたCult of LunaのCDを見つけたらしく、喜々として購入していた。その後、ギターショップを何軒か周るものの、8弦ギター、6弦ベースなどはあまり強くないらしく渋谷のイケベ楽器を薦められるなど。しかしGuitar Planetのお兄さんは英語が達者で(ものすごいイギリス英語だったとのこと)びっくりしてしまった。さぼうるでお茶。ここ、十年前くらいにも希琳ちゃんと来たんだよなと思い出す。変化の激しい東京だけれど、変わらないものもあり。その後、希琳ちゃんが同僚からたのまれていたベジータのフィギュアを買うべく秋葉原に移動。ラジオ会館を上からぐるぐる。レオが「It smells virginity!」と言っていたので笑ってしまった。希琳ちゃんとジャックの共通の友人の聖子さんと合流し、HITACHINO Brewing Labで乾杯。女三人かしましく喋りたおしてレオも静かになっていた。

3日目は実家にご招待して母の手料理。レオは家庭料理に興味津々。興が乗った父がレオに於茂登のドンブリをプレゼントしていた。私からは箸置き。ちょうど母が能登で箸を土産に買ってきたというので、ちょうどいいコンボになった。朝倉彫塑館を案内する。朝倉文夫の美的センスが散りばめられたアトリエ兼邸宅で私も大好きな場所だ。ふたりともとても気に入ってくれたようでよかった。TAYORIさんでお茶。連日寒く、ふたりとも少しお疲れモード。ビアパブイシイで軽く一杯ひっかけ、末永くお幸せに!という気分で送り出す。

Sake in Yanaka

Jackが谷中に遊びに来てくれたので、父と三人で飲みに行く。根津の慶さんへ。次々と美味しい日本酒をいただいてみんな上機嫌だ。nakasaは閉まっていたので、RENさん、ビアパブイシイとハシゴ。ちょうど、nenecoloさんで食事をしていた伯父が寄ってくれてばったり鉢合わせてしまった。親族の法事みたいなところに居合わせてしまったのににこにこ相手してくれるJackいいひと。

Yanesen Tour

フランクさんが店の近所(ほんとうに徒歩30秒くらい)におうちを買ったので(!)ちょいちょいスコットランドから遊びに来てくれる。この日は谷中〜根津界隈をご案内。彼は本当にこの界隈を好きでいてくれて、その敬意にこちらも真摯に案内せねば!と思ってしまうのだ。

夕方からはクリスとゆいさんも合流してNOBIさんでディナー。4000円のコースなのに死ぬほど出てきてお腹がいっぱいに。その後、BPIで軽く飲んで解散。

in Yanaka

 

両親がブルガリアに行ってしまったため、2日前から猫さんたちの世話をしに実家に通っている。

今日はイシイとうなぎを食べに初音の道へ。秋晴れの気持ちのよい散歩日和。鮫の歯という古本屋さんができていた。よい佇まい。千根やさんでまむし重をいただく。関西風で蒸す行程を入れておらず味が濃厚とのこと。ご飯が上に乗っているのだな。はじめて食べたが香ばしくて美味しかった。

そのまま谷中ぎんざを通るとものすごい人出。通るのも躊躇われるほどだったが、実際に足を踏み入れてみると観光客の人たちはみんなニコニコしていて、わたしたちも台北の夜市に行くとこんな感じだしなあと思ったりする。昨日の高尾山ですっかり過密な観光地にうんざりしてしまったし、人が多すぎると嘆く地元民の声に心を痛めていたが、楽しそうな人々を見るとこれはこれでよいかたちなのかもしれないかなと思ったり。路地をまがってTAYORIさんでカフェオレをいただく。商店街の喧騒が嘘のよう。

夜はご近所さんたちとお正月の作戦会議。コース料理は久々だったけどポタージュも鴨肉の燻製もピザもパスタもあいかわらず美味しい。食後にデザートとサシカイヤもいただいて満腹。それにしてもお正月ががぜん楽しみになってきた!

Sakura in Yanaka-Nippori

イシイと花見。
三崎坂〜谷中霊園、川むらで蕎麦でも食べようとおもったら中休みでフラれ、日暮里の馬賊。南公園まで足をのばしたが、こちらはまだ5分というところ。そこからまた陸橋をわたって谷中霊園〜三崎坂〜帰宅。

downtown tour

R0012660

Kちゃんの親友・Jが日本最終日だというので案内を仰せつかり、下町を案内することに。待ち合わせまで少し時間があったので朝倉彫塑館をさらっと見てみる。耐震工事が終ってから初めて入ったが、サンルームのような部屋ができたのだな。猫の作品群が展示されていた。建物の内部や調度、窓の金具にいたるまで相当素敵なのだが、写真が撮れないのが残念。

日暮里からスタートして、谷中銀座へ。あまりに人が多いので脇道にそれて、三崎坂から上野桜木へ。谷中ボッサさんでお茶。

R0012669

ちょっとまったりしすぎて、寛永寺に辿りついたときには門が閉まっていて残念。気を取り直して、言問通りを下って路地をめぐり、かっこいいお花屋さんなんかを見ながら根津神社へ。

R0012684

R0012693

路地で198さんとちょっと立ち話したりしてから、よみせ通りへ。Jは日本酒が大好きで、2本は酒屋で、さらに2本は空港で買うと言ってたので「のだや」さんにお連れして、ご主人からいろいろオススメを教えていただき無事おもしろいお酒を2本購入。その後、ビアパブイシイで一杯ひっかけて、花ゆずさんで刺し身を食べながらひたすら日本酒を飲んだ。花ゆずさんはものすごい日本酒の数なのだが相談するとズバッと答えてくれる。いただいたお酒はどれも本当に美味しかった。「謙信」が良かったな。しかしJは上杉謙信のことも知っていたし、その話から『Ghost Dog』は観た?って聞いたら実はジャームシュ好きで、かなり好きな作品もがかぶってたので、映画の話で盛り上がったりして。

ずいぶん歩かせてしまったけど、楽しかったと言ってもらえて案内した甲斐がありました。

Bon Voyage!