Sakura around Shinobazu Pond

Posted カテゴリー: Journal

自転車で不忍池まで様子見に。
不忍池のまわりはソメイヨシノだけではなく、吉野や八重もあるので色が鮮やかだ。ここの桜だって最初はひよひよの苗木だったろうに、何十年か後にこんな風景になることを想像しながら植えてくれたのでしょうかね。ありがたいことです。
帰り、グリさんとネグコさんとばったり。週末に浅草に出店するという古道具屋さんと、これから日暮里の純喫茶に行く帽子屋さんと路地でお喋りだなんて、昭和か。

Sakura in Yanaka-Nippori

Posted カテゴリー: Journal

イシイと花見。
三崎坂〜谷中霊園、川むらで蕎麦でも食べようとおもったら中休みでフラれ、日暮里の馬賊。南公園まで足をのばしたが、こちらはまだ5分というところ。そこからまた陸橋をわたって谷中霊園〜三崎坂〜帰宅。

Sakura with my parents in Ayase

Posted カテゴリー: Journal

両親と東綾瀬公園へ。桜はまだ二分咲きというところだろうか。カンヒザクラは綺麗に咲いていた。
早咲きのソメイヨシノの下のシートを敷いて母の作ったちらし寿司を食べた。こんなのは何年ぶりだろうか。

その後、母の買い物につきあって北千住へ。ルミネやマルイを流して、最後は手前の一歩さんで晩御飯。よく遊んだ1日だった。

sakura in my room

Posted カテゴリー: Journal植物

この季節は天気も安定しないし、そもそも結構寒いし
部屋に桜を用意することにした。
198さんに頼んだら、ものすごく大振りの吉野桜を用意してくれて
部屋に飾ったらたいそう豪華になった。

夜に拙宅に来てくれた旅行仲間たちも喜んでくれてよかった。
わたしが用意した料理は質素な鍋だったけれど
みんなでわいわい楽しく飲んで食べる。
ちなみにレシピは飯島奈美さんの「分福鍋」。
http://www.1101.com/life_get_together/

そのあとは谷中霊園までぶらぶらして皆を日暮里駅まで送った。
明るいときに見たらもう見頃を過ぎているのかもしれないが
夜桜は満開のように見えた。
そんなつもりもなかったが、今年最後の花見になりそうだ。

部屋に桜の枝があるというのは、なんというか背徳的というか
あってはならない感じがするのだが、とても良いものだ。
皆が帰ったあと、枝の下に寝転んで何枚も写真を撮った。

友人が「ここにお布団を敷いてこのまま寝たらいいよ」と言っていたが
そんなことしたら目覚める気がしない。

sakura cuise

Posted カテゴリー: 未分類

年度末の納品も無事に…ではないが、なんとか終わり、
イシイに車で迎えに来てもらって久々に都内をドライブした。

赤坂のグルメバーガーAuthenticさんで腹ごなしをして
(ここには「Authentic Burger」なる2300円のハンバーガーがある。パテ3枚だそうだ。)
西麻布のAZABU草ふえさんで頼んでいた日本酒をピックアップし
千鳥ヶ淵へ。
22時になるとライトアップが終了するようで、容赦なく電灯が消される瞬間を見た。
それから小石川に行こうということになり播磨坂の3列の桜並木を堪能。

それから家に戻る途中で、偶然、南大塚の桜並木を見つけた。
桜並木のなか、人もまばらな細い道に延々と続く桜色の提灯がゆらゆらと揺れていて
異世界に誘われるような雰囲気であった。
こんな知らないところが区内にもまだあるのだ。
東京は広いし、奥が深い。

そして地元の谷中霊園へ。
寿命寿命と言われているけれども今年もよく咲いている。
老木が伸び伸びと枝を伸ばして、幽玄という趣である。
スペイン語を話す人が上を見上げながら歩いているので
「東京も捨てたもんじゃないだろう」という得意な気分になった。

UNDER THE BOX BEYOND THE BOUNDS

Posted カテゴリー: 未分類現代美術

イシイとオペラシティアートギャラリーへ
さわひらき個展「UNDER THE BOX BEYOND THE BOUNDS」を観に。

この人の作品は静謐で詩的で、でもちょっとかわいいところがあって好きだ。
横浜のトリエンナーレ、日本郵船の展示で見たのが最初であったか。

その後わたしは毎年恒例のお花見で綾瀬へ。
ソメイヨシノは八分咲きというところであったが
寒緋桜の下を陣取ってお花見。

その後、ワインダイニングで美味しい肴をつまみながら
ワインを飲んで楽しく過ごした。

暖かく、素晴らしく天気がよく
友人たちが持ち寄ったご馳走を上機嫌で食べた。
毎年こうして友人と桜を見られることに感謝、というと
なんだか意識高い系で気持ち悪いが
日本人は桜を見る度に刹那的なきもちになるからしょうがないよな。

sakura tour 2013

Posted カテゴリー: Journal植物

今年の春もよく花見をした。

先週の土曜日は友人とI氏と文京桜めぐり。
まずは団子坂をあがって、駒込の寺院の桜を。
それから駒込吉祥寺へ。鐘楼に降りそそぐように咲く枝垂れ桜が見事だ。
それから白山を降りて小石川の植物園へ。
桜並木の下にシートを敷いて、I氏謹製のサンドイッチを食べた。
ひさひぶりに芝生に寝転んだりしてまったり。
その後植物園をぶらぶら散歩してから播磨坂へ。
ワインを飲んでから、ふたたび区役所まで歩いてバスで帰ってきた。
よく歩いたのですっかり疲れてしまってその後は家でDVDを見ながらごろごろ家飲み。
絵に描いたような春の週末であった。

翌日曜日は上野に買い物に行く途中に不忍池の満開の桜を見た。
いつも公園を避けて鴎外荘から五條天神のほうの道を通るのだが
遊歩道の工事が終わった池の端も美しかった。
去年は夜のランニングのときしか見てなかったから
昼のきらきらしたかんじがわからなかったんだ。

火曜は友人と目黒で寿司を食べてから居酒屋へ行き、
ここでは書けないような死ぬほどおかしい話をいくつも聞きつつ
ヒーヒー言いながら飲んだ。その後目黒川沿いに散歩。
今年も天気が心配されたけれど雨は止んでいた。(寒かったけど)
職場が五反田にあったときは同僚たちと桜を見ながら歩いて川沿いのカレー屋でランチをした。
晴天のお昼時に、夢のように花びらが舞うなか
なんだか映画みたいだねえなんて笑っていたのだった。なつかしい。
中目黒は混んでいるけれど、不動前〜大鳥神社あたりまでは穴場である。

木曜は近所のセレクトショップのAご夫婦とそのパーティで知り合ったお客様3名、
同僚、旦那さんとその友人というものすごくカオスな面子で
谷中霊園でお花見をした。最近知り合った人たちばかりなのに
なんだか旧知の間柄のようにうちとけてしまうのは地元だからだろうか。
谷中霊園の桜はもう寿命もすぎているような老木たちだが
その花盛りはまさに幽玄といってもいい風情。

この時期の東京は世界で一番美しく、幸せで
いつ死んでもいいわあと思ってしまう。

sakura thru the window

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

hendrix

友人主催の花見大会で中目黒へ。

雨が降ってあいにくの天気。しかも寒い。
しかし会場は屋内で、ちょうど桜の見える居酒屋の二階の席で
もうほとんど葉桜になっていたけれど、枝先に残った桜が
提灯に照らされていい風情だった、

そのあと、「世界の果てのような」雑居ビルのなかのバーでぐだぐだと飲み。
世界の果ての住人たちの面白い話がたくさん聞けたので
本当に楽しかった。

なぜかトイレにシャワールームが併設されていて笑う。

むかし、希琳ちゃんに連れて行ってもらった
大阪の港町の廃ビルのカフェと、高松の北浜にあるカフェを思い出した。
ちょうど、同じ頃に建てられたビルなんだと思う。

しじみさん、元気かなあ。

sakura along the river

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

sakura along the river

水曜は友人に誘われて花見、のはずが雨が降ってしまったのだった。

まあいずれ止むかもしれないし、ということで
行列のできる回転寿司屋へ。およそ2、30分の待ち時間は
マシンガントークであっという間に過ぎ、座ってからも
しゃべりつつもしっかり寿司を8皿平らげ、締めに甘味までいただいて満腹。
ネタもものすごく新鮮でボリュームもあり、しかも会計は1200円ほどであった。
安い。安すぎる。酒を頼まなかったからだとは思うが
なぜか寿司って酒があまり進まないのは、すでにご飯を一緒に食べているからだろうか。

さあ雨は上がったかしらと思って外に出るといっそうの雨で
あきらめて居酒屋へ。

今日は花見は無理だったね、と23時すぎに店を出るとまさかの雨上がりで
誰もいない目黒川沿いを中目黒までゆるり散歩できたのであった。

sakuraholic

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

sakura

TwitterやFacebookをやりはじめると、友人知人同僚家族その他の近況が
手に取るようにわかるわけだが、
この時期、日曜日に、桜が満開で、しかも驚くような快晴にも関わらず
「今日はどこにも行かなかった」的な書き込みを見て衝撃を受けたのだった。

上野界隈で30数年生きていると、人生において
「桜が咲いているのに谷中に行かない」という選択肢は、まず、ない。
(上野はものすごい人出なので、避ける人もいるとは思うが)

そんなわけで、わたしはこの年になるまで
「桜が満開であれば日本人は全員外に出て桜を愛でる」ものだと信じていた。
桜が呼び起こすさまざまな感傷は置いておいたとしても。

そんなわけで、今日もFacebookで人生の多様性について学んだのであった。

jogging thru sakura

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

sakura

桜のなかをランニング、という憧れがあったので
帰宅してから着替えて上野方面にジョギング。

不忍池から弁天堂に抜けると、暗く静かな池の反対側が嘘のような賑わいで
お祭りのようだった。
清水寺のほうへあがる階段を上ると上野公園。
もう提灯も消えていたけれどまだずいぶん人がいて、
持ち込んだ照明で自主的に桜をライトアップしているグループもいた。
気合いが入りすぎている。

その後、芸大の脇を抜けて上野桜木から谷中霊園へ。
こちらは街灯が明るいので公園よりもずっと綺麗に見ることができた。
ソメイヨシノの寿命は60年とも100年とも言われているが
谷中の桜はもうずいぶん花はまばらな気もするが
老女優のようで美しい。

毎年ちゃんと美しいので安心する。

sakura with my colleague

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

sakura

あまりに天気がよいので同僚たちと昼休みに目黒川沿いを歩く。
たまたま行人坂の下のカレー屋さんのベンチが空いたので
桜と川を見つつ贅沢にランチ。
しかしカレーは激辛であった。
しかも頭上ではテイクアウトの人が軒並みビールをオーダーしていくので
仕事中のわたしたちには地獄であった。
我慢したけど。

毎年、春になるとみんなでここを歩いて
信じられないくらい天気がよくて桜がきれいで
映画でも撮りたい気分になる。

みんなにこにこしていてとても良かった。

night picnic under sakura

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

sakura

月曜日、友人たちと東綾瀬公演で夜桜。

友人が作ってくれた美味しいお弁当とおつまみを食べつつ
人の少ない公園でまったりと女子トーク炸裂させつつ夜桜を満喫した。
あたたかく、風もない夜で美しかった。

深酒もせず、さくっと帰宅。

pottering around sakura

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

今日は午前中から桜まつり。

まずは観潮楼跡から本駒込へ。
海蔵寺、大林寺で桜を見て、駒込の吉祥寺へ。
桜の時期に初めて入ったのだが、鐘楼を囲むように
ソメイヨシノとしだれ桜が同時に咲いていて圧巻であった。

その勢いのまま六義園に行ったものの、長蛇の列に恐れをなして引き返す。

その後、小石川植物園の桜並木へ。一年でこの時期だけは園内でピクニックする人々を見ることができる。
ここの木々は枝がのびのびしていてよい。ご神木クラスの大木もたくさんあるし。

その後、桜並木が3列にならぶ播磨坂を往復。戦後に文京区が提唱した
「花で区をうめつくす運動」のもと婦人会の手に寄って植えられた桜だそうでまだ若々しい。

その後、小石川後楽園の庭園を一周する。水辺に移るしだれ桜が風情があった。
この庭はこぢんまりしているけれど起伏に富んでいて、遠近感や立体感がある日本庭園だ。

その後、湯島聖堂に行って寺でも神社でもない、でもなぜかめちゃくちゃ立派な
お堂を参拝して、門のところの桜を拝む。この時期、桜がさびしいところの
人のすくなさと言ったらかなしいほどだ。

その後、そのまま神田明神へ。意外と門の左手に桜が密集していて
見応えがあった。アキバが近いからか、絵馬は萌え絵ばかりであった。いいのか。
なぜか名物の納豆をお土産に買う。

そんなこんなでかなり桜に満たされた週末であった。

a perfect day for sakura

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

Sakura in Chidorigafuchi

今日は桜が満開のなか、なぜか社員総会。
日中はびっしり前期の振り返りと中期経営計画のお話を拝聴し
夜は赤坂のダーツバーを貸し切ってどんちゃんやって
楽しくももやもやしたかんじのまま同僚と永田町から九段下まで歩く。
肌寒い。

千鳥ヶ淵の水面に枝垂れる桜は本当にこの世のものとは思えないくらい美しかった。
今日がいちばんだったんじゃないかと思う。
完璧な満開であった。

そんなわけで、浄化されて帰宅。
I氏としょうがシロップを作る。

sakura 2010

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

土曜日は、同僚と東綾瀬公園で花見。
日曜日はI氏と仕事つながりの方々と、としまえんで花見。
上司家族も一緒だったのだが、この日ばかりはとしまえんもオトナ仕様になっていて
完全予約制で飲み放題のリザーブシートなんかがあって感動した。
遊具の隙間でオトナたちはいい塩梅に酔っ払っていて
日本は平和だなあと思う。

日本でいちばん古いかも、というメリーゴーランドに乗った。
細かい意匠がベルエポックを彷彿とさせる。
今度はじっくり撮影したい。

帰りに上野広小路で降りて、上野公園~芸大~谷中の桜を見る。

上野公園はあんなに素晴らしいのに
公園全体が安い居酒屋みたいなにおいになっていて
ごみもひどくて、がっかりしてしまった。
昼なら気にならないのだが、夜桜はしんとしたところで見たいものだ。

invisible

Posted カテゴリー: Journal未分類植物


本当に優秀なデザイナーやアートディレクターは、
クライアントが「このボタンの色が気に入らない」と言ったら
その色を含んだそのエリアや、トーンマナー全体を見直して
クライアントが本当は何が気に入らないのかを探って、
改善案を提案することができる、と元ボスが言っていた。
人が、「こうこうこうでこういうことがきにいらないのだ」と言っているのは
おそらく、一部であって全体ではない。
何か言わなくちゃいけない、と思うから
しょうがなく、言葉にできることだけを
口にしているだけなのだ。
言いたくても、言葉にできないものというのは
うようよと自分の周りを漂っている。

sakura sampo

Posted カテゴリー: Journal未分類植物


素晴らしく天気がよいので午前中に用事を済ますのに
自転車で出かけた。
谷中から日暮里の間にはちいさな山と切り通しがあり
帰りは切り通しを上がるためにビル3階ぶんくらいの階段を
自転車を押してあがらねばならなかったのだが、
今日、はじめて、
自 転 車 も 乗 れ る エ レ ベ ー タ ー
が出来ているのを発見した。
NYみたいだなー。
(マンハッタンの北にあるフォートトライオンパークは
駅から丘にあがるエレベーターに台車も自転車も乗れる。)

また猛然と掃除と洗濯をした。
窓際にベッドを置いているため、冬は窓の冷気が落ちてこないように
ユニクロのブランケットで窓半分を塞いでいるのだが
ようやくこれもはずした。
ベランダを掃いて、植物に水をやる。新芽がたくさん出ていた。
コンシンネの剪定。
ノースリーブで作業。
桜が散ったら、いきなり初夏の陽気だ。

iTunesのtips
http://d.hatena.ne.jp/hetima/20061014/1160815072
これべんり!
・先週撮った桜写真。
東綾瀬公園の桜は元気がよい。

sakura sampo

Posted カテゴリー: Journal未分類植物


今日で、東京の桜はほぼ満開。
日曜は雨が降るらしいので明日がピークだろう。
昼は霞ヶ関ビルでランチを食べて、
遠回りをして外務省の桜並木を見た。
おそろしくよい天気で、桜の花びらひとつひとつが
発光しているように見える。
(携帯の写真なのでちょっと画質悪い。)
夜は、同僚6名で職場の下のコンビニで酒買って、
虎ノ門から官庁街を抜け、日比谷公園まで歩いた。
日比谷公園にはそんなに桜がないけれど
数少ない桜の下で、近所の会社の人々は花見をしていた。
プレミアムモルツとおつまみですっかり気分が良くなって
あの噴水の近くの椅子に座って、麦酒を飲み干してあっさり解散。
そういえば、3年前にもおんなじような面子でここまで歩いてきた。
あのときはちょっと肌寒くて、麦酒どころじゃなかった。
今日は暑くもなく寒くもない、素晴らしい春の宵、
こういうなんでもないような散歩が
あとになってしみじみと思い出される記憶になるんだよね。

christmas sakura

Posted カテゴリー: Journal未分類植物


毎年ホームパーティーでささやかなプレゼント交換をやるのだが
今年、わたしのひきあてたクリスマスプレゼントはc隊員からの
桜のルームフレグランス。
なんか、この佇まいがカワユス。
玄関に、砂漠の薔薇と一緒に飾りました。
フレグランスがあがってくると、桜の色も濃くなるらしい。
ところで、いまほぼ日で地味で素敵な連載をやっているのだけど
これでクリスマスローズは薔薇ではないという事実を知り
ショック・・・まあ、葉っぱみりゃわかるか。
http://www.1101.com/michikusa/
今日のニュース。
朝、メッセンジャーでベルギー人の従姉妹から
「Joyeux noel!」のメッセージと家族の写真が。
ご両親も、おばあちゃんも元気そうでよかった。
従姉妹は、あたしよりも年下なのに、小さなアパートメントを購入して
一人暮らししているらしい。たのもしいなー。
昼は同僚の男の子の恋が成就しそうだという話をきいて
みんなでさんざん囃した。
「口頭内示はもらって、あとは注文書を受け取るだけ!」という状態らしいw
「まあ、最近は内定取り消しも流行ってるからな。」と言われつつも
幸せそうであった。失注しないようにがんばれよ。
夜、チェロの教室では、先生が先週入籍したそうで。
なんとも幸せなニュースばかりで、よいクリスマスなのでした。
ごちそうさまー。

impressions

Posted カテゴリー: Journal未分類植物


■ sakura
桜ばかり撮ってしまう。
でも、もったいなくて直視できないかんじもする。
おかしいほど晴れた朝の桜。
■ chello
いろいろと頭の中が収集つかなくなったので
仕事抜け出してチェロのレッスンへ。
(そのあと会社に戻ったけど。)
楽器を弾いているときって、ほんとに無心になれるし
必ず、確実に、上達するのがいい。
今日は「シューベルトの子守唄」を弾いた。
音程はひどいもんだけど(でも5人で弾いてるので目立たない)
最初に比べたら、ちゃんと曲っぽくなって楽しい。
■ books
ほぼ日刊イトイ新聞編 『ほぼ日就職論 はたらきたい。』
自分が面接する立場になったので読んでみた。
企業で働くこと、フリーランスで働くこと
両方に視点があてられているのが、普通の就職論とちょっとちがう。
「自分が大切にしてきたことは何か?」
全編通して問われ続けるこのお題を
考えるのもいいかもしれない。
とりあえずみうらじゅんのインタビューはかなりおかしいので、
そこだけでも読む価値あり。

sakura ii

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

日暮里駅 本行寺の枝垂れ。


夕方、学会で東京に来たw隊員と晩ご飯。
秋葉原の有隣堂をくまなくまわって時間を潰し
湯島のトンカーオという最近お気に入りのタイ料理屋へご案内。
猛然と辛くて旨い料理を食べながら、おしゃべりし、2時間以上かけてディナー。
おまえらイタリア人かと。
上野から谷中をぐるっと歩いて夜桜見物。
さすがに夜の墓地で果敢に花見をしている人も少なく
夜の桜も幻想的であった。
寛永寺の桜並木のまわりには、ぽっかりと深い暗闇がいくつもあって
やっぱりこのへんは現実と異界の境だなあと思う。

sakura i

Posted カテゴリー: Journal未分類植物

桜。
朝、信じられないほど天気が良くて、桜並木は夢のようだった。
I氏とカメラを持って谷中を散策。
上野桜木界隈のお寺の桜から、谷中霊園の桜並木を抜け
そこから左手に、日暮里駅にぬける桜並木(いちばん好きな場所)を通り
西日暮里に抜ける諏訪神社への道を歩く。
途中、デブ猫に会う。
染井吉野。

sakura

Posted 2件のコメントカテゴリー: Journal未分類植物

藤野由佳さんのファーストミニアルバム「桜の夢の中」(4/13発売予定)の
サイトを作成しました。
一足お先に音源を聴かせていただいたのですが
まさにうすぐもりの桜の森のなかを
彷徨うような、不思議な音楽です。
試聴もありますので、ぜひ、ぜひ、ご覧くださいまし。
http://www.geocities.jp/strawberryb0115/sakura/