Osaka

関西二日目。祇園四条から京阪で中之島まで。Tさんが学芸員を務める中之島香雪美術館へ。朝日新聞社系の小さな美術館だが、創業者のコレクションを中心になかなか渋い和のラインナップ。

ビルのなかに茶室があるの斬新だ。漆器全般Tさんが担当したらしいのだが解説の文字数多すぎてクレームきたとか言ってて笑った。全部で2万字ちかくの原稿を書いたらしい。たいしたものです。
品の良いお客さんが多いとのことだったが、たしかに展示会場にはけっこうな人がいるのに異常に静か。人間何回かやってないと茶器とか興味わかないよなと。
おもしろかったのが、「モニターで展示室の様子が見れるんですけど、たまにお茶の先生と生徒さんたちが着物でわらわら来たりするとめっちゃ見てしまう。緊張する。」って言っていたこと。やっぱり着物ってそれなりの圧があるよなと思う。

夜はTさんと関西に異動された常連Sさんと合流して難波のGULPさんへ。ご飯もビールも美味しくて店員さんも感じ良くて最高の店だった。飲み足りなくて近くのアイリッシュバーへ。サイダーを飲んで締め。

 翌日は心斎橋の日航ホテルの地下で美々卯のおうどんを食べて早めに帰京。

Osaka 2

翌日はまったり起きて、中之島まで歩いて向かった。天気が良いが風が冷たい。
川までくると東京でいうと日本橋のようなかんじなのかな。立派なビルが多い。店を手伝ってくれていたTさんが学芸員をつとめる香雪美術館ももうすぐコンラッドのビルにオープンするようだった。タイミングがあわず残念。
1920年代の壮麗な建築がたくさん残っているのだけど、待ち合わせをしたダイビル、上に高層ビルが載ってる腰巻型ではあるものの往時の面影を残していて素敵だった。スペインバルのドノスティアさんで昼からシードルとビールを飲んで、ドイツの名店という趣のダルマイヤーでバームクーヘンとお茶。頬の筋肉が攣るほど笑って女子会満喫。

その後、グランキューブまで送っていただいて真綾さまコンサート2日目。もちろん2日目も素晴らしかった。真綾さま作詞作曲の「ハロー・ハロー」もよかったな。FGO2期?の主題歌「逆光」聴いて、えらいややこしい曲だなあと思ったけど、編曲が「Buddy」と同じ方ですごく納得した。作曲もかしらと思ったけど作曲家さんは違うのですね。個人的にすごく好きになったのは「Million Cloud」。

この日はタクシーで素直にホテル近辺まで戻って東通り商店街で飲む。何件か物色したあと一番いいかんじだった焼き鳥屋さんのCASSIWAさんへ。大阪らしく箕面ビールで乾杯して、焼き鳥もつまみも美味しくてつい長居してしまった。

翌日は昼の便で東京へ。そういえば大阪らしいものなにひとつ食べてないなあと思って空港で明石焼きを食べた。明石ではこれを玉子焼というので毎回もにょっとするが、よいお味でした。